うまいデータの取り方

こんにちは、【明楽】中村明楽です。

今日は、

うまいデータの取り方

について、お伝えします。

2019年3月10日(日)14:45-16:30

ギター・エフェクターeBay輸出セミナー

https://ex-pa.jp/item/12164/s24830

データをとって、物販をやるのと

やらないのでは、

成果も大きく異なってきます。

たとえば、ギターやエフェクターを

ヤフオクや、メルカリから仕入れて、

販売する場合でも、

その商品の仕入れ時の相場がいくらで

販売時の価格がいくらなのか。

これを理解してやっている方と、

そうで無い方では、

稼げる金額が大きく異なるのです。

多くの方がやっていることは、

自己流で、しかも、

稼げないやり方が多いですね。

さらに作業量が圧倒的に少ないです。

これだと、安定して稼げるようには

ならないのです。

成功したいと焦る気持ちは、わかりますが、

キチンとおえるところを

おえておかないと

やっても、やっても無駄になります。

たとえば、あるエフェクターに

目をつけたとします。

まず、そのエフェクターが過去に

どのくらい売れているか、eBay上で

調べます。

そのときのeBayでの販売価格を調べます。

Advanced researchから入って調べます。

次に、仕入れ先からターゲットの商品の

リストを抽出します。

人気商品になると

いくつも出品されていることが

多いですね。

ここで、仕入れ先の商品情報と価格

をリスト化します。

(これを価格相場リストと呼んでいます)

販売先のeBayでも

過去に売れた商品の情報から

送料・手数料を差し引いた金額を

算出します。

こうすると、ある商品は、

いくらで仕入れると、

どのくらい稼げるのかがわかります。

これを1つの商品についてやってみます。

時間はかかりますが、1つずつやることが

頭を整理して、覚えるのに有効です。

最初は、時間がかかりますが、

だんだん、早くなります。

そのうちに、あるエフェクターを

見ただけで、

そのエフェクターの現在の仕入れ相場、

販売相場がわかるようになります。

これがわかれば、

眺めているだけで、その商品を

仕入れて稼げるかどうかが

わかってくるのです。

どうですか、コレ、出来ていますか?

カンタンですが、最初は、

とても時間がかかります。

でも、これは、最初だけです。

だんだんはやくなります。

ですから、気がついたときには、

稼げるようになっています。

これを繰り返すことで、だんだん、

利益が上がってくるのがわかります。

コレが基本なのです。

基本を理解して、次に進むとよいです。

基本が出来ていないと、

ツールを用いても、稼ぎ続けることは、

到底出来ないです。

どうしても身につけていただきたい

やり方ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください