うまくいかないときには

こんにちは、【明楽】中村明楽です。

今日は、

うまくいかないときには

について、お伝えします。

2019年3月10日(日)14:45-16:30

ギター・エフェクターeBay輸出セミナー

https://ex-pa.jp/item/12164/s24830

eBay輸出をやっていると、

日本人相手だと

考えられないようなことが

時々起こりますね。

1つは詐欺です。

皆さんは詐欺にひっかかったことは

ないでしょうか?

もしも、今まで一度も詐欺に

あったことがないのであれば、

それは、幸せなことですね。

海外では、少数ですが、

だましてお金を取ろうと

考えている人がいますね。

よくあるのは、eBayやPayPalに

登録されていない住所に商品を

発送してほしいと言う依頼ですね。

これは、まず間違いなく「詐欺」です。

先方からアジアやアフリカに

送ってくれと言ってきた依頼は、

100%間違いないと

考えてもいいと思います。

私の経験では1年間に数回ありますね。

発送先を変えたい場合は、

正規のやり方だと、

まず、支払った取引を

一度キャンセルします。

そうして、発送先の住所を

カスタマー側で変更してもらってから、

再度同じ商品を購入してもらえば

いいのです。

このときに、

カードの枠がどうだとか言って、

色々言ってくるのは、詐欺ですよ。

ヤフオクなどの日本国内での取引は、

このようなことは少ないのですが、

海外での取引では、これが

あるんですね。

あと、心が折れるようなことといえば・・・

eBay側があまりにもバイヤー寄り

であると言うことです。

どう考えても、こちら側に非がないのに

eBay側はバイヤーの希望を通すことも

多いですね。

こんな時にはどうするかですが、

多くの方はeBayカスタマーサポートへ

連絡すると思います。

ところが、返ってきた返事が、

的を射ていないことも多く、

どうすれば良いのか

ほとんどわからないような場合も

ありますね。

こんな経験をされた方も

多いのではないでしょうか。

こちらは悪くないのに・・・

でもどこまで、こちら側が

こだわるかですが、

私は、なんとなくこちらに

勝ち目がないような感じでしたら、

それ以上はこだわらないことに

しています。

それよりも、次の戦略、販売だと

思うんですね。

ここで、時間がかかるくらいなら、

次のギターの販売をした方が

良いと考えるんですね。

反論したいかたも

おられるかもしれないですが、

わたしは、こんな風に考えています。

大切なことは、自分にとって

心が折れるような状況になっても

そのことを受け入れて、

次の経験に生かすことだとだと

考えているんですね。

いつまでもこのことがひっかかって

eBay輸出を辞めてしまうようなことは

避けたいと考えています。

何事も経験ですし、

勉強したと思えば、

気持ちもおさまりますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください