こんなバイヤーには気をつけろ

こんにちは、【明楽】中村明楽です。

今日は、

こんなバイヤーには気をつけろ

について、お伝えします。

2019年3月10日(日)14:45-16:30

ギター・エフェクターeBay輸出セミナー

https://ex-pa.jp/item/12164/s24830

少し前に、私のスクールの

チャットワークグループで、

とんでもないバイヤーの話が

でていました。

商品を販売する際に、

トラッキングなしで販売していたので、

不着の連絡があり、仕方なく

返金したとのこと。

ところが、このバイヤーから、

また商品が購入されて、

その商品もまた不着だと、

連絡が来たとのこと。

なんか不自然ですね。

ココまでなら、

まだ本当かもしれないと思ったのですが、

ほかのスクール生からも

このバイヤーから商品が購入され、

全く同じ理由で、

返金依頼があったとのこと。

コミュニティーをやっていると、

こういった情報がわかるんですね。

これって、明らかに、「詐欺」

じゃないですか。

本当は、バイヤーは

商品を受け取ってるんですね。

でも、トラッキングナンバーが

ついていなかったから、

商品が不着と申告して、

商品をだまし取ったのですね。

安価な商品をたくさん販売して、

リミットアップしたい、

まじめに取り組んでいるセラーに対して、

こんなひどいことする人がいるって

ことなんです。

海外には、こんなとんでもないバイヤーも

いるってことです。

商品価格が数百円なのに、書留や、

eパケットで発送すると言った、

出来ればしたくない発送方法を

逆手に取った悪ドイやりかたです。

こう言ったバイヤーは、

うちのスクールでは、

情報をみんなに共有して

カスタマーとしてブロックしています。

ちなみにブロックする方法は下記から

出来ますよ。

https://pages.ebay.com/services/buyandsell/biddermanagement.html

輸出では、詐欺については、

どんなことが詐欺か、知っていれば

まず引っかからないです。

よくある詐欺は、

eBay登録住所と商品発送先住所が

異なっているとき。

日本だと、ヤフオクあたりなら、

別の住所に送っても

詐欺と言うことは、ほとんど無いですね。

ところが、輸出なら、まず間違いなく、

「詐欺」なんですね。

このようなときには、

まずは、一度

落札された商品をキャンセルして、

新たに新住所で登録したアカウントで

再購入してもらうのです。

これならば、PayPalの

売り手保護のルールが適用されます。

手間ですが、このステップを踏まないと、

お金も、送った商品も返ってこないですね。

これで、詐欺に引っかかる

日本人セラーは後を絶たないようです。

というのは、1年に1回くらい、私も

この手のバイヤーと出会うからですね。

あなたも十分に気をつけてください。

ギターなら、高額ですので、

取り返しのつかない大失敗に

つながりますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください