オリジナルギターは売れるのか?

こんにちは、【明楽】中村明楽です。

今日は、

オリジナルギターは売れるのか?

について、お伝えします。

2019年3月10日(日)14:45-16:30

ギター・エフェクターeBay輸出セミナー

https://ex-pa.jp/item/12164/s24830

自己ブランドの商品を

作成することが、

売り上げを上げ、

ほかのセラーとの差別化になることを

お伝えしました。

ギターについては、どうかというと、

「品質が高いギターであれば可能」

だと、考えています。

ギターなどの楽器の場合は、

初心者が購入するギターは別として、

「鳴っているギター」

が、強いと思います。

売れるギターは

「ブランド力」

「有名ミュージシャンが愛用」

「鳴っている」

こういった点が重要だと考えています。

たとえば、少し前に出てきた

「プレウォーギター」という

アコースティックギターがあります。

これは日本でも限られた店舗でしか

置いていないのですが、

試奏したところ、

どのギターもめちゃくちゃ鳴っていて、

入手するには、すでに予約がいっぱいで

半年以上先になると伺いました。

このような、高品質のギターを

つくることができれば、

大きな売り上げを期待することも、

可能だと思います。

または、既存の有名ブランドと

差別化出来るギターを作成できれば、

可能だと思います。

これは、一般的なブランド品と

同じ考え方だと思います。

しかし、こうなると、

高品質の楽器を作成する

ノウハウが必要だと思いますので、

誰もが簡単に出来るとは、思いません。

こう考えてくると、

まずは、売り上げを上げるためには、

既存の人気ブランドの知識をつけて

販売実績を上げていく方が

簡単だと思います。

いかに、ユーザーに

受け入れられるギターをつくるか。

コレが出来る人は、

ぜひ自己ブランドの

ギターの作成と販売に

トライしていただきたいですね。

ユーザーは、

趣味の製品であるギターに対しては、

欲しいとなったら、お金の糸目をつけずに

購入する傾向があります。

多くのカスタマーに選ばれるギターなら

勝てるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください