顧客リストは宝物

こんにちは、【明楽】中村明楽です。

今日は、

顧客リストは宝物

について、お伝えします。

2019年3月10日(日)14:45-16:30

ギター・エフェクターeBay輸出セミナー

https://ex-pa.jp/item/12164/s24830

eBay輸出でたくさんの商品を販売すると、

非常に多くのリストが取得できます。

これは、どこから取得出来るかというと、

1つは、eBay画面上の

取引番号をクリックすると、

この中にあります。

または、

PayPalの売り上げ画面からも

取得可能ですね。

ちなみに、eBay上では、

このリストは、

ずっと取得出来るのではなく、

2週間でメールアドレスが、

画面からなくなります。

ですので、リストは、

無くならないうちに、

早い時期に取得することが得策です。

無くなってしまっては、

どうしようもないですからね。

私は、このリストをエクセルに転記して

ストックしています。

そして、定期的に商品販売を

オファーしています。

なかには、メール配信削除希望を

言ってくるカスタマーもいますが、

おおむね良好ですね。

ここで、ちょっとしたコツがあります。

当然ですが、送る相手は、

オファーする商品を購入する

可能性がある人です。

たとえば、

エレキギターのギタリストに

ベースギターを勧めても

購入してくれるわけはないのです。

ですから、リスト化するときに、

最上段にソート機能をつけて、

リストを保管しています。

分けるときには、後からソートして

オファーする人を分けるとイイです。

たとえば私は

エフェクター

エレキギター

ベースギター

アコースティックギター

キーボード

管楽器

打楽器

みたいな感じで、カテゴリーを作り、

顧客に楽器をオファーしています。

当然ですが、

エフェクターとエレキギターは

セットにしても問題ないですが、

エレキギターとベースギターは

セットにして、オファーしていないです。

こんな感じで、時々オファーしていますね。

これだと、eBayの時よりも

もっと顧客と親しみやすくなります。

すでに自分から楽器を

購入してくれていますので、

信頼関係が

すでに構築されていることから、

オファーがスムーズです。

さらに良いことには、

直接取引できますから、

eBayへの手数料がいらないこと、

やりとりでeBayでのメールのような

規制となる不安要素(eBay violation)が

ないことが、イイですね。

このリストマーケティングをやってみて

わかったことは、

楽器がとてもよく売れること。

顧客からもギター検索の要望が

たくさんくること。

などですね。

あなたもぜひやってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください