ギター販売時の写真はどこを撮ると良いのか?

今日は、販売時の写真はどこを

撮ると良いのか?

についてお話しますね。

 

ギター転売でギターを販売する時、

無在庫販売でしたら、ネットショップ

の写真を転用すると良いです。

 

ですが、もしも、在庫販売でしたら、

ご自身で写真を撮る必要がありますね。

 

この場合、どんな感じで写真を撮影

すれば良いのか?

 

どこの部分の写真を撮ると良いのか?

 

全く初めてですと、迷うと思います。

 

まず、外観です。

 

綺麗であるにこしたことはありませんね。

 

また、ボディーのトップだけでなく、

サイド、バックも撮ると良いです。

 

この場合、傷などに問題が無ければ、

撮る必要は無い時もあります。

 

つまりは・・

 

======================================

問題があると思う場所は、

必ず写真撮影する

======================================

 

と、いうことです。

 

実際に売れて、こんなはずではなかった・・

と、クレームが来ないように、

問題点を持つギターは、必ずその場所の

写真を撮って下さいね。

 

そうして、できれば、説明を加えます。

 

たとえば、傷の場合・・・

 

「この傷は、表面だけで、内部まで

及んでいないです」

 

「この傷は、ほとんど目立たないです」

 

等の、記述です。

 

この他では、必ず写真撮影すべき場所は、

 

===============================

サウンドホールの周辺

ピックガードの周辺

===============================

 

があります。

 

これは、ギターを演奏するときに、

最も傷が付きやすい場所だからです。

 

さらに、ブリッジ周辺、エンドピン周辺

も撮影して示した方が良いでしょう。

 

これらの部分は、写真をとって示して

いないと、質問がよく来ます。

 

それと、

 

=========================================

ネックの状態がわかる写真

=========================================

 

があることが、望ましいです。

 

その理由は、ネックが曲がっている

ギターは商品価値が著しく低下する

からです。

 

写真撮影すべき場所は、12フレット

の弦と指板との間隔や、

ネックとボディーとの付け根あたりです。

 

おおよそ、上記の部分の写真があれば、

問題ないはずです。

 

本当に、これ以上の部分の詳細を

聞いたい時には、連絡が来ますので、

大丈夫です。

 

eBay輸出では、極端に細かい内容の

質問がたびたび来ます。

 

これには、こちらも閉口するのですが、

わからない所には、わからない。

 

と、はっきりと記載する事です。

 

曖昧な返事は帰って心証を悪くします

ので、注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です