販売しようとしたギターに問題があったときには、どうするのか?

今日は、販売しようとしたギターに

問題があったときには、どうするのか、

についてお話しますね。

 

ギター転売では、修理の必要なギターは

扱わない、としています。

 

修理する事で、費用がかかり、利益が

取れないからです。

 

扱うギターが高額な事もあり、

ギターの修理は万単位の費用がかかる

ことが多いです。

 

ですから、仕入れるときには、修理が

必要なギターは避けるべきです。

 

では、実際に仕入れて、ギターに、

問題点があって、場合によっては、

修理が必要になりそうな時には

どのように対処すれば

良いのでしょうか。

 

この場合は、

 

================================================

問題点は隠さずにきちんと伝える

================================================

 

ことが、大切です。

 

もしも、どうしても売れないときには、

 

======================================

ジャンク扱いとして、

格安な価格で販売する

======================================

 

といったような手が考えられます。

 

間違っても、カスタマーに

問題点を隠して販売する事は

しないで下さい。

 

理由は、eBay輸出であれば、

アカウントに傷が付く。

 

または、国内転売でも同じですが、

顧客の信頼を失う、からです。

 

高額なギター転売の場合は、

信頼関係がとても大切です。

 

信頼関係がなければ、絶対に

高額なギターは販売できません。

 

このことから、仕入れの際には、

出来るだけ、確認して、

仕入れた後に問題点が見つかる

ような事は、避けなければ

なりません。

 

仮に、利益が取れなくても、

良い勉強になったと

お考えいただければ、納得できます。

 

ギター転売に限らず、私は

 

===============================================

物販は物を販売するのではなく

信頼を売っている

==============================================

 

と考えています。

 

短期的ならば、良いですが、

これからも、ギター転売を続けて

ゆくためには、信頼を

壊さないことに

気をつけるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です