ギター転売をeBay輸出でやっていて、最も困ることは何か??

今日は、ギター転売をやっていて

eBay輸出で最も困る事は何か?

についてお話しますね。

 

ギター転売をeBay輸出でやっていて、

最も困ることは何でしょうか?

 

確かに、英語によるやり取りも困りますが、

一番困るのは・・・・

 

===================================

ギターが売れないこと

===================================

 

だと思います。

 

日本人と外国人では、ギターに対する、

食いつきが違うように感じます。

 

外国人の方が、より冷静な感じがします。

 

そのくせ、外国からの価格交渉は

頻繁にあります。

 

価格交渉のない販売は、無いかも知れないくらいです。

 

それほど、ギターは注目されています。

 

==================================================

ギターが売れないときには、

焦って価格を下げてはいけません

==================================================

 

価格を下げると、相手の思う壺に

はまってしまい、どんどん価格を下げる事を要求されます。

 

ギターが売れないときには、

 

「別のブランドのギターを出品する。」

あるいは、

「少し異なるタイプのギターを販売する。」

 

というやり方は、

実は、あまりオススメできません。

 

売れないときには、

 

============================================

定番ギターの出品数を増やす

============================================

 

ことが、結構有効です。

 

売れない=価格を下げる

 

では、いつまでたっても売れるようには

ならないです。

 

売れないのは、あなたの出品するギターに

魅力が無いのであって、そのギターの

カテゴリーが否定されているわけでは

ありません。

 

魅力あるギターは、

出品数にも反映されます。

 

商品の多い、大きな楽器店の方が、

良い商品があるような気がするのも、

ここから考えるとわかりますよね。

 

あなたが、数多くのステキなギターを販売

しているのであれば、きっとその中から、

カスタマーの心に響くギターが見つかり

売れるようになります。

 

それまでは、ギター転売を辞めないで

ください。

 

たくさん出品してみてください。

 

売れ出すと、どんどん売れるように

なりますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください