販売するギターの不備な点はきちんと示すと良い

今日は、

仕入れたあとに、ギターに不備が

見つかった時にはどうすれば

よいのか?

についてお話しますね。

 

ギター転売では、基本的に修理が必要な

ギターは仕入れないことにしています。

 

それは、本物の高額なギターは、少し

修理するだけでも、かなりの金額が

かかるからです。

 

修理していては、利益が取れないのです。

 

そのため、仕入れの際には、十分に

注意してください。

 

ギター転売をしばらくやっていますと、

顧客はどこを指摘してくるか、

わかるようになります。

 

ネックの状態や、ボディーのクラック

など、確認すべき点はほぼ決まっています。

 

もしも、気がつかないで、大きな

ダメージのあるギターを仕入れて

しまったら・・・

 

その時には、

 

=================================================

不備な点をきちんと顧客に示すこと

=================================================

 

が重要です。

 

知らなかったでは済まされません。

 

ひどい場合には、プラットホームの

アカウントに傷がつきます。

 

ですから、きちんと伝えるべきです。

 

また、これから出品して、利益を取ろうと

する商品の場合は、

 

======================================================

他のギターと差別化ができるように

して、出品する

=====================================================

 

ことが、大切です。

 

そうしなければ、自分のショップの信頼に

傷が付きます。

 

高額なvintageギターを販売して

いるわけですから、信頼無くして

ギター転売は成立しないです。

 

この場合、利益は最小限となります。

 

出来るだけ、赤字を避けるために、

クーポン券を発行するなど、いくつかの

メリットを提示するのも、一つの手

だと思います。

 

最も避けなければいけないのは、偽って

ギターの販売をしてしまう事です。

 

これは最悪です。

 

今後のご自身のギター転売に対する

売り上げや、信用もよく考えて、

取り返しの付かない行動だけは、

さけるべきです。

 

その基準は、もしも、

ご自身が顧客だったら、

どう思うか?

と言う観点から考えると

わかりやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください