レフティーやカッタウェイは 仕入れて良いのか?

ギター転売セミナー

のお知らせ

 

日時 2015年9月19日(土)

14:00 ~ 16:30

(13:50までにお越し下さい)

場所 ルノアール 貸会議室プラザ

東京八重洲北口 3階-7A号室

東京駅八重洲北口から歩いて

3分位、喫茶ルノアールのビルの3階

http://www.ginza-renoir.co.jp/myspace/plaza.html

 

演題1.まったくの0から月収20万

を最速で稼ぐ!

エフェクター輸出~そのノウハウ

と実践~ 岸田友弘(40分)

休憩

演題2.ギター転売で稼ごう!

中村明楽(40分)

休憩

演題3.ギター転売の実際

中村明楽(30分)

 

費用 3,000円

 

終了後、懇親会(東京駅近辺にて開催予定。

費用は別途かかります)もやりますので、

よろしければご参加下さい。

 

お申し込みはここから

↓↓↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Umelcy

 

チャットワークグループに参加

いただけますので、

チャットワーク名をお知らせくださいね。

 

今日は、レフティーやカッタウェイは

売れるのか?

についてお話しますね。

 

ギター転売をやっていて、出品で時々

迷うのが、「レフティー」(左利き用ギター)

はどうするのか? です。

 

基本的に、物販は「売れる商品」を

仕入れて、販売すべきです。

 

ですから、程度の悪いギターでも

売れれば仕入れて良い、と言う

ことになります。

 

この基準に照らし合わせると、

 

==================================================

レフティーは、仕入れてはいけない

==================================================

 

と、言う事になります。

 

左利きの人もたくさんおられますが、

ギター販売に関しては、やはり、

数が少ないので、仕入れない方が

無難です。

 

仕入れても、売れる可能性が低いと

言う事です。

 

私は、今までに、レフティーの問い合わせ

をいただいたことはありまえん。

 

つまりは、売れていないし、仕入れても

いない、ということです。

 

では、「カッタウェイ」はどうでしょうか?

 

これはレフティーと違って、

 

「売れる商品」です。

 

音楽のジャンルにより、異なりますが、

カッタウェイはオリジナルボディーが

作製された後に出てくる事が多く、

オリジナルのギターが売れているから

カッタウェイを作った、と言う

経緯もあると思います。

 

カッタウェイは、マーティン社でいうと、

「000-」(トリプルオー)と並んで、

よく出ています。

 

したがって、この

 

=================================================

カッタウェイは仕入れても問題ない

=================================================

 

と、考えても良いでしょう。

 

このように、売れるギターを仕入れる

ことができれば、在庫となることも少なく、

たいていは儲かります。

 

売れるかどうかは、顧客数や、

そのギターを著名なミュージシャンが

使っているかどうか?に、依存します。

 

仕入れるときには、よく考えて、

そのギターが売れるかどうかで、判断するのが良いと考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です