eBay輸出出品時のギターの商品説明はどう書くとよいのか?

ギター転売セミナーのお知らせ

 

日時 2015年9月19日(土)

14:00 ~ 16:30

(13:50までにお越し下さい)

場所 ルノアール 貸会議室プラザ

東京八重洲北口 3階-7A号室

東京駅八重洲北口から歩いて

3分位、喫茶ルノアールのビルの3階

http://www.ginza-renoir.co.jp/myspace/plaza.html

 

演題1.まったくの0から月収20万

を最速で稼ぐ!

エフェクター輸出~そのノウハウ

と実践~ 岸田友弘(40分)

休憩

演題2.ギター転売で稼ごう!

中村明楽(40分)

休憩

演題3.ギター転売の実際

中村明楽(30分)

 

費用 3,000円

 

終了後、懇親会(東京駅近辺にて開催予定。

費用は別途かかります)もやりますので、

よろしければご参加下さい。

 

お申し込みはここから

↓↓↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Umelcy

 

チャットワークグループに参加

いただけますので、

チャットワーク名をお知らせくださいね。

 

今日は、eBay輸出出品時のギターの

商品説明はどう書くとよいのか?

についてお話しますね。

 

eBay輸出の無在庫販売で、

ギターを出品するときの商品説明文

の書き方についてですが、

 

=========================================

オリジナルのネットショップの

文章をそのまま利用する

=========================================

 

のが、一番簡単です。

 

既存の文章をそのまま、翻訳ソフトなどで

英文に翻訳して載せるのが簡単ですね。

 

しかし、実際にやってみると、色々な

問題が出てきます。

 

それは・・・

 

=====================================================

日本語の語彙に相当する英語がない

=====================================================

 

ことです。

 

日本語は、もともと語彙が多く、

微妙なニュアンスの違いを

表現する事が可能です。

 

ですから、たとえば、

 

「このギターの音は天下一品です。」

 

のような、文章があったとすると、

翻訳ソフトでは上手く訳せないです。

 

そのため、商品説明に書く内容は、

出来るだけ、そのギターの仕様や

ヒストリーに関する物が良いです。

 

たとえば、

「このギターは流れるようなメロディー

を弾くときに適しています。」

「かつて無い音色と音の感触に感動

します。」

 

のような、個人的な感想をネットショップ

の紹介文にはよく書いてあるのですが、

これを翻訳するのは、やめた方が良いです。

 

翻訳すると、たいてい、思ったような

文章にはならないです。

 

それどころか、とんちんかんな英語の文章

になってしまい、カスタマーから

何を意味するのかわからない・・との

質問が来ます。

 

英語がとても堪能で上手く文章が書ける

方は問題ないですが、一般的な英語の

文章のみ書ける方は、説明文章は

凝らない方が良いです。

 

私の場合ですが、記載しているのは、

ギターの基本的な内容、

たとえば、材質や各パーツの長さや

距離、傷やクラックなどの状態、

等の、

 

=====================================================

誰が書いても同じ内容になる文章

をきちんと書いて、カスタマーに

商品説明する

=====================================================

 

ことにしています。

 

たいてい、作業は外注さんにお願い

しているので、この方が簡単です。

 

これで、ギターはちゃんと販売可能

ですから、問題はあまり大きくないと

感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください