無在庫販売で、カスタマーからの要望に答えられないときにはどうするのか?

ギター転売セミナーのお知らせ

 

日時 2015年9月19日(土)

14:00 ~ 16:30

(13:50までにお越し下さい)

場所 ルノアール 貸会議室プラザ

東京八重洲北口 3階-7A号室

東京駅八重洲北口から歩いて

3分位、喫茶ルノアールのビルの3階

http://www.ginza-renoir.co.jp/myspace/plaza.html

 

演題1.まったくの0から月収20万

を最速で稼ぐ!

エフェクター輸出~そのノウハウ

と実践~ 岸田友弘(40分)

休憩

演題2.ギター転売で稼ごう!

中村明楽(40分)

休憩

演題3.ギター転売の実際

中村明楽(30分)

 

費用 3,000円

 

終了後、懇親会(東京駅近辺にて開催予定。

費用は別途かかります)もやりますので、

よろしければご参加下さい。

 

お申し込みはここから

↓↓↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Umelcy

 

チャットワークグループに参加

いただけますので、

チャットワーク名をお知らせくださいね。

 

今日は、

無在庫販売で、カスタマーからの要望

に答えられないときには、どうするのか?

についてお話しますね。

 

ブログでご質問がありましたので、

今日はこれについての考え方を

お伝えします。

 

無在庫販売では、自分の手許に商品が

無いわけですから、問い合わせに

うまく答えられないときが出てきます。

 

よくわからない項目について、

適当に返事する事は避けるべきです。

 

のちのちクレームに発展し、ご自身の

アカウントに傷が付く可能性がある

からです。

 

本当にわからないことは、きちんと

わからないと返答すべきだと

考えています。

 

ですが、たとえば、

「このギターのボディー内に貼ってある

ラベルの写真を送って下さい。」

 

という、質問が来たとします。

 

そして、その画像がネットショップでは

示されていなかったとします。

 

この場合は、

 

=================================================

わからないときには、ネットショップ

に問い合わせる

=================================================

 

が、一番良い方法だと思います。

 

日本のネットショップは丁寧ですから、

質問にはきちんと回答をいただけます。

 

私も、いくつも質問して回答を得ました

ので、大丈夫です。

 

写真だけでなく、そのギターの状態や、

経歴まで教えていただけます。

 

さらに、電話で値引き交渉まで出来ます

から、ネットショップへの問い合わせは

重要です。

 

それと、余談ですが、ネットショップに

掲載されているギターですが、

時々、「売れてしまってない」ことが

あります。

 

これは、無在庫販売をやっている者

にとっては、致命的なことなのですが、

個人でやっているネットショップでは

このような事が結構あります。

 

気をつけないといけないです。

 

カスタマーから突然、発注が来る事は

まれですので、カスタマーが

興味を持っているギターが出てきたら、

 

========================================================

早めに問い合わせして、在庫確認する

========================================================

 

ことも大切です。

 

私は、何度もこれで苦労しています。

 

それと、カスタマーからの問い合わせ

には、出来るだけ迅速に返答して下さい。

 

このスピード感が、カスタマーと自分との

信頼関係になりますから。

 

これも気をつけたい部分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です