ギターを出品するときには、ギターのどこの部分を撮影すると良いのか?

ギター転売セミナーのお知らせ

 

日時 2015年9月19日(土)

14:00 ~ 16:30

(13:50までにお越し下さい)

場所 ルノアール 貸会議室プラザ

東京八重洲北口 3階-7A号室

東京駅八重洲北口から歩いて

3分位、喫茶ルノアールのビルの3階

http://www.ginza-renoir.co.jp/myspace/plaza.html

 

演題1.まったくの0から月収20万

を最速で稼ぐ!

エフェクター輸出~そのノウハウ

と実践~ 岸田友弘(40分)

休憩

演題2.ギター転売で稼ごう!

中村明楽(40分)

休憩

演題3.ギター転売の実際

中村明楽(30分)

 

費用 3,000円

 

終了後、懇親会(東京駅近辺にて開催予定。

費用は別途かかります)もやりますので、

よろしければご参加下さい。

 

お申し込みはここから

↓↓↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Umelcy

 

チャットワークグループに参加

いただけますので、

チャットワーク名をお知らせくださいね。

 

今日は、

ギターを出品するときには、ギターの

どこの部分を撮影すると良いのか?

についてお話しますね。

 

有在庫販売でギターを出品するときには、

ギターの写真を撮らないといけないです。

 

この場合、ギターのどこの部分を

撮影すると良いのでしょうか?

 

提示する写真の枚数にもよりますが、

必ず撮影する部分は、

 

==========================================

トップとバックの全体像

サイド

ネックの状態がわかるもの

サウンドホール近辺

ブリッジ近辺

==========================================

 

上記の5カ所は出来るだけ示すように

してください。

 

もしも枚数が3枚程度でしたら、

 

=============================

トップ、バック、サイド

=============================

 

のギターの全体像になりますね。

 

さらに、枚数が許すのであれば、

 

===================================================

問題(トラブル)のある部分の写真

===================================================

 

は、必ず出すべきです。

 

とくに、ネックの曲がり、

ブリッジの浮き、

ボディーのクラック、

エンドピンの状態

 

ここらあたりは、撮影していないと

カスタマーから質問が来ますから

撮影しておく方が良いです。

 

大きな問題点がある部分を

示さずに、あるいは、隠して商品すると、

クレームが来て、最悪

アカウントに傷がついたり

アカウント停止になったりします。

 

このような事態は避けなければ

ならないので、慎重に対処

することが大切です。

 

以前からお伝えしていますが、

ギター転売では高額商品を

扱うわけですから、

信頼が最も大切です。

 

これを無くしてしまうと、

ギター転売自体が不可能となります。

 

ここをよく理解していただいて、

問題を起こさないようにすべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください