カスタマーのことを理解して、オススメするギターを変えることが重要

ギター転売セミナーのお知らせ

 

日時 2015年9月19日(土)

14:00 ~ 16:30

(13:50までにお越し下さい)

場所 ルノアール 貸会議室プラザ

東京八重洲北口 3階-7A号室

東京駅八重洲北口から歩いて

3分位、喫茶ルノアールのビルの3階

http://www.ginza-renoir.co.jp/myspace/plaza.html

 

演題1.まったくの0から月収20万

を最速で稼ぐ!

エフェクター輸出~そのノウハウ

と実践~ 岸田友弘(40分)

休憩

演題2.ギター転売で稼ごう!

中村明楽(40分)

休憩

演題3.ギター転売の実際

中村明楽(30分)

 

費用 3,000円

 

終了後、懇親会(東京駅近辺にて開催予定。

費用は別途かかります)もやりますので、

よろしければご参加下さい。

 

お申し込みはここから

↓↓↓↓

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=Umelcy

 

チャットワークグループに参加

いただけますので、

チャットワーク名をお知らせくださいね。

 

今日は、カスタマーのことを理解して、

オススメするギターを変えることが

重要、についてお話しますね。

 

ギター転売をやっていますと、

実に色々なケースが出てきます。

 

その中でも気をつけなければいけない点

がいくつかあります。

 

その1つは、

 

==========================================

カスタマーにより、販売戦略を

変えることが重要

==========================================

 

だということです。

 

たとえば、初めて本物のギター、たとえば

マーティンギターを購入する人と

すでにこのギターを持っていて、

2本目以降を購入する人では、

オススメするギターが自ずと変わって

来るのです。

 

初めて購入する方には、できれば、安価な

傷の少ない、新品同様のギターを勧めます。

 

2本目以降の方には、その方がプレイヤー

であるならば、傷や価格よりも、

その方の音楽属性とギターの種類が

(音質が)合っている事が重要です。

 

カントリーギタープレイヤーにD-45は

オススメできません。

 

しかし、フォークソングプレイヤーには、

D-45はオススメできます。

 

このように、

 

==========================================

カスタマーにより、

オススメするギターの機種や

ブランドを間違えない

==========================================

 

ようにすることは、とても大切です。

 

全くの初心者はD-45は買わないです。

 

たいてい、D-18かD-28を購入します。

 

また、何本かマーティンギターを

持っている方は、新品はあまり

購入したがらないです。

 

中古品のvintageギターと呼ばれる

ギターをほしがります。

 

このような判断は、最初は

私もよくわからなかったです。

 

ギター転売を続けて行くうちに、

だんだん、誰がどのタイプのギターを

購入するのかわかってきます。

 

ですから、いつもお伝えしています

ように、ギター転売は、

ギターが売れないからと言って

辞めないで、しばらく続けてください。

 

だんだん売れるようになり、

それに伴って利益も大きくなってきます。

 

これは、本当の事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください