ギター転売で必要な 知識の1つはギターの価格相場の把握!!

今日は、ギター転売で必要な

知識の1つは、

ギターの価格相場の把握、

について、お伝えしますね。

 

ギター転売を始めようとすると、

まずは価格の設定に戸惑うと

思います。

 

新品だと、高額なギターも

中古品ですと、価格が半分どころか

半額以下の商品も少なくないです。

 

一方で、価格だけに振り回されずに、

きちんとギターの状態を

把握する必要もあります。

 

まず、定番ギターの価格相場を

覚えて下さい。

 

たとえば、マーティンD-18なら、

現在の価格相場は11-13万位です。

 

程度の良いマーティンD-18が

12万円台なら、仕入れても、

利益が出ますね。

 

ただし、いくら状態が良いと言っても、

国内転売だと、単なる中古品ですと

15万円では売れないので、何らかの

差別化が必要です。

 

いずれにしても、ギター転売では

ギター価格の相場を絶えず

チェックして、安ければ仕入れると

良いです。

 

ただ、ギター価格は変動します。

 

仕入れて、1年も経つと平気で

数万円は変わりますので、

注意が必要です。

 

一方で、何度かお伝えしましたが、

vintageギターに価格はありません。

 

たとえば、ハカランダで作られた

ギターはとても高額です。

 

100万円以上のギターも少なくないです。

 

これは、そのギターの状態を判断して

そのギターの価格が相場と

見合っているのか、判断が必要です。

 

これは、なかなか最初から出来ないです。

 

経験を積んで、このギターならば・・

という、感触をつかんで下さい。

 

ギター転売を続けていれば、

かならず出来るようになりますから、

大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください