eBay輸出でギターを出品するときに気をつけることは?

24日のセミナーの話を

続けさせていただきますね。

 

eBay輸出でギターを出品するときには、

についてお伝えします。

 

eBay輸出をやっておられる方は、結構

多いと思います。

 

ギター転売をeBayで行うと、日本人は

あまり出品していないようですので、

有利ですね。

 

まず、ご自身のアカウントのリミットを

よく見て下さい。

 

ギター転売では、高額なギターを

出品するわけですから、結構高めの

リミットが必要です。

 

お伝えしましたように、リミットは

30日おきに必ず、電話で交渉して

上げておいて下さい。

 

これはとても大切なことです。

 

また、この電話ですが、担当者により、

対応が異なりますから、ダメで元々で

何度も電話することをオススメします。

 

次に価格ですが、日本からだと、

実際のギターの金額だけでなく、

配送料、関税とハードルは高いですね。

 

TPPの問題がクリアーされれば、関税の

問題も無くなりますから、こうなると

有利ですが。

 

また、日本はギターの数が

豊富で、しかも、安価に入手出来ます。

 

ですから、他の出品者と比較して、

高い金額でなければ、発注は

入ります。

 

ですが、本当に最初は売れないです。

 

これは、間違いないです。

 

最初の数ヶ月は我慢のしどころですね。

 

それと、マーティンやギブソンだけでなく、

米国や欧州で人気の高い、たとえば、

コリングスなども出品してみてください。

 

こっちの方が、食いつきが良いような

機種もあります。

 

とにかく、続けることです。

 

それでは、次回、24日のセミナーの

ご参加をお待ちしています。

 

ご登録は、ここからできます。

↓↓↓↓

http://bit.ly/1Rc0yM0

 

11月は3日の午後、東京目白になります。

 

ご都合にあわせて、いずれかの回に

ご参加くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください