ギターを出品するときにはどこの部分の写真を撮れば良いのか?

今日は、ギターを

出品するときには、どこの部分の

写真を撮れば良いのか?

について、お伝えします。

 

あなたが、全く始めてギター転売

をやられるときには、ギターの

どの部分の写真を撮影すれば良いのか

わかりにくいと思います。

 

まず考えないといけないことは、

 

=========================================

問題がある部分は

きちんと撮影して説明する

=========================================

 

ことです。

 

当然ですが、ギターの全体の写真、

サウンドホールの近辺、ネックの状態

は、わかるように撮影します。

 

このほかには、たとえば、

トップの膨らみや、

ピックガードの剥がれなど、

質問されそうな部分は必ず

写真撮影すべきだと思います。

 

特に重要なのは、ネックの状態を

きちんと、わかるように撮影するか、

言葉で説明することです。

 

ネックは、ギターの中でも、もっとも

トラブルが起こりやすい部分で、

ここの状態が悪いと、ギター自体の

送品価値が大きく下がります。

 

ネックが曲がっているとか、

ネックの元起きがある、などは、

きちんと書いて下さい。

 

とくに、

 

「ネックの元起きがあるギター」

 

は、商品価値がかなり低いので、

仕入れてはいけないです。

 

あと、わかりにくい部位としては、

 

「サドルの高さやブリッジの剥がれ」

 

です。

 

サドルはプレイヤーの好みで、削って

下げたり、新しい物と交換して

上げたりします。

 

また、ブリッジは、弦で引っ張られるため、

トップからわずかに浮くことがあります。

 

これは、紙が1枚入る程度であれば、

問題ないのですが、2mm以上離れると

修理が必要なので、仕入れてはいけません。

 

このように、写真を撮る部位は、

慣れないとわかりにくいです。

 

ギター転売のコンサルでは、

ワークショップを開催しています。

 

この会合では、今回のような、どの部位の

写真を撮影するのか、あるいは

ここはこうやって撮影するとか、

こんな実践的なやり方を

お教えしています。

 

ご興味があるかたは、下記まで

お知らせ下さい。

 

info@atsushinishimura.com

 

あなたが稼げるまで、きっちりと

指導させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です