eBay輸出でギターを出品するときの注意点

今日は、eBay輸出でギターを

出品するときの注意点

についてお伝えします。

 

ギター転売をやろうとされている方

の多くは、eBayでギターを販売したい

と言われる方です。

 

その理由は、

 

顧客がとても多いこと

日本に比較して、高価格で

販売可能であること、

などがありますが、

 

=======================================

無在庫販売が可能である

=======================================

 

ことも、その大きな理由の1つです。

 

この無在庫販売ですが、

 

多くの方から言われるのですが、

 

「なかなかギターが売れない」

 

という、コメントがあります。

 

たしかに、最初はなかなかギターが

売れないです。

 

ですが、あるときに、どんどん

売れるようになってきます。

 

ですから、続けて下さいね。

 

この、出品時のコツですが、

 

まずは、

 

===============================

最低限のギタースペックを

descriptionに記載する

===============================

 

ことです。

 

さらには、

 

===============================

意味不明な英語の文章は

書かない方が良い

===============================

 

と言うことです。

 

私は、外注さんを雇って

ギターを出品してもらっていますが、

たいてい、英文翻訳ソフトをもちいて

英文を書いてもらっています。

 

ここで、雇った方が、英語が

ある程度出来ればいいのですが、

修正することなく、

全く翻訳した文章をそのままで、

ほとんど意味の通らない内容

で出品しておられる方が

たくさんおられます。

 

どうして、これがわかったかというと、

カスタマーから、

英語の文章がメチャクチャだと

指摘があったからです。

 

これだと、せっかくの出品もだいなしです。

 

ここでのコツは、

 

=============================================

無理にすべてを訳して、

出品画面に記載しないこと

=============================================

 

だと感じています。

 

私たちは日本人ですから、英語は

ネイティブのように、スラスラ書けない

のが普通です。

 

最小限の内容でも、ギターは売れます。

 

ですから、無理する必要はないです。

 

無理すると、かえって売れないと

感じています。

 

それと、もうひとつ、

 

====================================

上手くかけている外国人

セラーの文章を真似する

====================================

 

ことです。

 

私は、よく色々な出品画面をみて、

場合によっては、全く同じ文章を

引っ張ってきて、自分の文章に

組み込んでもらうように

外注さんに依頼しています。

 

これは、結構有効です。

 

ただ、人の書いた文章は、特に

ネイティブの場合、日本人とは

異なる英語を書きますから、

ちぐはぐな印象にならないように

注意すべきです。

 

何事も経験ですから、

少しずつ改善するとよいですよ。

 

多少無茶苦茶でも、英語は通じますが、

きちんとかけている方が売れると

思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください