ギターの価値はギターが古いほど高いのか?

今日は、ギターの価値は

ギターが古いほど高いのか?

についてお伝えします。

 

よく質問されることに1つに、

「仕入れるギターは古い方が

良いのか?」

という、質問があります。

 

これは、一般的に、正しいと言えば

そうなのですが、

 

=======================================================

必ずしも古いギターの品質が高いとは

言い切れません

=======================================================

 

確かに、アコースティックギターでは、

古い、作製されてから、50年以上経過した

ギターは、音(品質)が最高だし、

価格が高いことが多いです。

 

でも、たとえば、

戦前のマーティンギターでも、

たいして鳴っていないギターは

存在します。

 

実際そんなギターに会った事もあります。

 

ですから、古いギターというだけで、

そのギターの品質が非常に高いとは

言い切れません。

 

同様に、ギター自体が古いから、高額で

儲かると言うことも、断言しにくいです。

 

実際に手にしてみて、そのギターの

品質がどれだけ高いかを味わってから

投資するかどうかを判断すべきです。

 

こう考えると、ギターは古いだけでなく、

そのギターに特筆すべき優れた点が

あるかどうか、つまりは、品質が高い

かどうかを調べるべきです。

 

これを調べずに、単に、製造年が古い

とか、見た目が古いのに

非常に状態がよいとか、

そんな内容で選ぶのだけは、

避けた方が良いです。

 

ギター転売をしばらくやっていると、

そのギターが良いvintageギターなのか、それとも、いわゆる中古品なのか、

わかるようになってきます。

 

その感覚を早い段階で身につけて、

大きく稼ぐことが最良だと

思います。

 

見た目や、製造年だけで、判断しては

いけないです。

 

あくまでも、

 

=====================================================

古いギターは、品質が高く

vintageギターである可能性が高い

=====================================================

 

と、言うだけです。

 

ここは注意が必要な点だと

思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です