ギター転売で私がやっている顧客との信頼関係構築の方法

今日は、

ギター転売では、出品画面に

自分のお店のことも

追記しておくのが良い

についてお伝えします。

 

ギター転売では、カスタマーと自分

との間の信頼関係を構築することが大切、

ということを、何度もお伝えしています。

 

カスタマーとの信頼関係構築は

eBay輸出の場合、メールでの

やり取り以外にはありません。

 

そこで、私がやっている方法ですが、

 

=============================

商品画面に自分の情報を

すこしだけ追記する

=============================

 

ことをやっています。

 

たとえば、自分のお店のギター情報、

仕入れの情報、最近の人気商品

 

等と言った、

顧客とのコミュニケーション

につながる話題を、少しだけ

記載しています。

 

すると、メールや、

もっと情報が欲しいなど、

いくつかの問い合わせがきます。

 

実は、これはチャンスです。

 

いままでに、こうやってギターを

販売できたことが、何回かあります。

 

ギターを一方的に陳列・販売している

だけでは、なかなか

ギターは売れないです。

 

顧客との緊密なコミュニケーション、

仲良くなることが、実は売上増に

つながります。

 

いつもお伝えしているように、

ギター転売では1商品が10万円以上の

高額商品を扱います。

 

ですから、通常の商品の販売方法とは、

少しことなります。

 

顧客とコミュニケーションをとることで、

スムーズに販売できるということを、

覚えておいて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください