ギター出品時にはどこまで詳細に記載する必要があるのか?

今日は、ギター転売について、

質問がありましたので、

お答えする形で書いていきます。

 

ギターを販売する時の出品画面ですが、

「問題点は主なものだけで、

細かい点については、

連絡しなくても良いのではないか?」

 

という、ご質問です。

 

これですが、たしかにその考え方も

ありではあるのですが、

 

===============================

自分の気がついた点については

コメントを残すべき

===============================

 

だと、感じています。

 

たしかに、日本人と違って

外国人は細かい点については

それほど問題にはしないです。

 

でも、あとからクレームが来て、

返品やアカウントに問題が出るような

危機的な状態になるくらいなら、

事前に伝えておいた方が良いですね。

 

特に、ギターの演奏上の機能が

損なわれるような欠陥については、

必ず記載すべきです。

 

ここを怠ると、あとで

とんでもない目に遭う可能性が

高いからです。

 

一方で、トップの傷やへこみなどの

演奏上の問題点以外は、

大げさに記載する必要は無いです。

 

===============================

トップに傷が数カ所見られる

バックに打痕がいくつかある

===============================

 

この程度の記載で十分です。

 

明らかに割れている、

見た目すぐにわかる剥がれがある、

 

この手の問題は記載すべきです。

 

それと、意外と忘れやすいのが、

 

=====================================================

エンドピンがオリジナルかどうか?

=====================================================

 

です。

 

ピックアップをつけていた場合、

エンドピンの穴が拡張していて、

オリジナルのエンドピンがつかない

ことがほとんどです。

 

この「穴」が大きいかどうか、

伝えるべきです。

 

なぜかというと、ここの部分に

エンドピンが刺さらないと、

ストラップをつけて演奏が

出来ないからです。

 

これはギターを弾かれたことが

ない方にはわかりにくいかも

知れないです。

 

こんな感じで、自分の気がついた

部分の問題点をきちんと

出品画面に掲示しておくのが

ベターですね。

 

ここはサボらない方が

よさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください