ギター転売では、安価であることがそれほど重要か?

 

今日は、ギター転売でカスタマーが

求めているのは、安価であることか?

についてお伝えします。

 

価格と売れ行きについては、何回か

お伝えしていますが、

カスタマーが求めているのは、

本当にギターが安価であること

なのか?について、考えてみました。

 

たしかに、価格が安いと言うことは、

それだけ売れる可能性がとても高いです。

 

同じ商品であれば、価格が安い方を選ぶ

のが、普通ですから。

 

ところが、価格を下げても売れないギター

もあるのです。

 

それは、

 

===============================

ギターとしての価値のない商品

===============================

 

は、どんなに価格が低くても売れないです。

 

たとえば、ネックが折れている。

 

ボディーに大きなクラックがある。

 

こう言った商品はかなり価格を下げても

なかなか、というか、

まず売れないです。

 

少なくとも演奏性(performance)に

影響が出ているようなギターは

売れないと考えて良さそうです。

 

ですから、このようなギターを

仕入れてはいけないです。

 

カスタマーは価格とギターの品質を

秤にかけて決めています。

 

あとは、こちらから後押しして

販売するのです。

 

たとえば、50万円のギターを

子供へのプレゼントに買ってあげよう

と考えているカスタマーは、

そのギターをまず買わないです。

 

価格交渉しても、意味があまりないです。

 

一方で、価格を下げることに躍起に

なっているカスタマーも、

買わない事が多いです。

 

検討する段階でやっぱり高くて

買えない・・・・

 

と言うことが多いのですね。

 

何度か、メールでやり取りしていると、

この人は、買いそうだな・・・

という人がわかってきますね。

 

本当に購入してくれる人は、

じつはあまり価格交渉をしないです。

 

そして、配送時間や関税のことを気にかけています。

 

ここらのことを、よく頭に入れて、

とりくんでくださいね。

 

カスタマーとの交渉時間が大幅に削減

されると思います。

 

わたしは、こんなところも敏感に

感じ取って、基本的なセールスに

取り組んでいます。

 

ついでに、やり取りの回数ですが、

5回以上やり取りする方で、

まだ、方針が決まっていない方も、

おそらく購入はしないです。

 

いままで、買ってくれる人は3回までの

メールでのやり取りで購入して

くれることが、ほとんどです。

 

これは、あくまでも、

私の「私感」になりますが、

この傾向はほとんど変わりませんので、

意外と正しいのかもしれないですね。

 

あなたも、自分なりの「売れるルール」

を作ってみると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください