ギター転売の始め方13 仕入れるギターは何か?

 

今日は、仕入れる、出品するギターは

どのようなギターがいいのか?

について、お伝えします。

 

私が扱っている、アコースティックギター

ですが、非常にたくさんの種類があります。

 

この中で、「売れる」ギターですが、

マーティンギターならば、

 

D-28

D-18

000-28EC

D-45

HD-28

 

あたりなら、間違いです。

 

このうれるギターを私は、

 

「定番ギター」

 

と呼んでいます。

 

また、その他に売れるモデルは、

「ミュージシャン限定モデル」です。

 

今週売れたギターはこの手のギター

でした。

 

先ほどの000-28ECのEC=Eric Claptonですが、今週売れたのは、

Martin D-28 CWです。

 

このCWはClarence Whiteという、

すでに亡くなったギタリストです。

 

このように、ミュージシャンモデルは

とても人気です。

 

また、国産のギターも結構有名です。

 

ヤイリギターやヤマハギターは

海外の多くの方から指示されており、

よく売れますね。

 

国産ギターだと、現在販売されている

新品のギターも人気ですが、

1970年~1980年くらいに作られた

ギターもとても人気があります。

 

この時代は、ギターの材質の木の在庫量に

まだ余裕がありましたので、

国産ギターでも、ハカランダで作られた

ギターもかなりあります。

 

しかも価格は10万円以下ですから、

非常に驚きです。

 

ブランド力がいかに凄いかわかりますね。

 

また、ハカランダは気をつけないと

いけないのは、海外へ輸出出来ない

ことです。

 

ワシントン条約で規制されており、国外へは輸出できないので、eBay輸出やAmazon輸出には出品してはいけないです。

 

また、海外のブランドギターで、日本で

作られたギターは人気があります。

 

例は、フェンダージャパンです。

 

この手のギターはもう販売されていない

ため、海外のカスタマーに人気となって

います。

 

日本製は作りもしっかりしており、

同じギターでも品質が高く維持されて

いる点が評価されています。

 

いずれのギターでも、「売れるギター」を

出品し、どんどん販売していくことです。

 

実践しないと、高額なギターはなかなか売れないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です