ギター転売の始め方22 ギター発送時の注意点4

今日は、ギター配送時の注意点4、

について、お伝えします。

 

ギターを送るときに、弦をゆるめる方が

良いのかどうか?

と言う質問を受けることがあります。

 

私はギターをハードケースに入れる時に

弦をゆるめて送っています。

 

ギターの弦による張力はとても強い

ですね。

 

さらに、ギターが航空機で送られると

いうことを考えると、かなりの気圧変化・

温度変化にさらされることになります。

 

統計データをとった訳ではありませんが、

ギターの弦はゆるめておいた方が良い

と思います。

 

私の友人でギターのヘッドの木の部分が

現地に到着したら割れていたので、

返品依頼してきた、と言う例を

聞いています。

 

これは、おそらくは気圧か温度変化による

ものだと思われます。ケースにも損傷は

なく、また他の部分が壊れていなかった

からです。

 

また、一方で、ギターはケースの

形状から、楽器だとわかるので、

投げたりはしないようです。

 

ハードケースでなくても、たとえば、

ギグバックでも、ギターが配送時に

壊れたとの話は、聞いたことがないです。

 

ですから、ギターの配送では、注意する

に越したことはないですが、過剰に

包装することはないようです。

 

たとえば、私は、ハードケースをさらに

紙の箱にいれて送っていた時期も有る

のですが、今となっては、必要性を

感じていないです。

 

それよりも、プチプチで丁寧に

包むことの方が大切なように

感じています。

 

ギターは過去に、EMSで100本以上を

海外発送していますが、

一度も事故にあったことがありません。

 

これはおそらく、非常にラッキーな

ことだと思います。

 

あなたが、ギターを送付する際には、

ハードケースにいれて、プチプチで

丁寧に2重に包装する。

 

トップとボトムはさらに多めの

プチプチを入れる。

 

まずこれで大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください