仕入れてはいけないギターとは?

仕入れてはいけないギターはあるのでしょうか?

仕入れてはいけないギターは、修理が必要なギターです。

通常、ギター転売では、仕入れてから修理をせずに、そのまま転売します。

つまり、横流し、と言うことです。

ですから、仕入れてから修理して販売するような形式では、利益が取れないと考えて下さい。

さらに、言うのであれば、高額なギターを修理するのは、非常に費用がかかります。

ギターは工芸品、いや芸術品に近いのかもしれないです。

ですから、高額なギターを仕入れてから修理して販売するのは避けるべきです。

場合によっては、もう1本ギターが購入出来るくらいの費用がかかります。

ですから、ヤフオクなどでギターを仕入れる場合でも、写真は説明分をよく見て、修理の必要のないギターを仕入れて下さい。

店舗でいしれる場合は、ネックのそりや、修復後の確認、クラックの度合いなど、抑えるべき点をしっかりと把握してから仕入れて下さい。

もともと中古品ですから、完璧なギターは少ないです。

購入する立場に立って、この価格でこのスペックならば購入しても良い、と顧客が思うようなギターを仕入れるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です