ギター転売の始め方26 ギター転売で多い質問とその回答方法

 

今日は、ギター転売で多い質問と

その回答方法、

について、お伝えします。

 

ギター転売では、それほど多くの質問

は来ません。

 

ですが、質問が来ると、専門的な

内容が多く、どこをおさえて書くか

で回答も異なってきます。

 

カスタマーからの質問で多いのが、

ギターの状態が良くわかない、という

内容です。

 

ネットビジネスですから、実際に

ギターを見てもらっているわけ

ではなく、写真だけで判定してもらって

いるのですから、このような疑問が

出てくるのもうなずけます。

 

これがきちんと書けていないと、

ギターが売れないのです。

 

また、eBay輸出の場合は、英語で

ギターの状態を説明しなければ

なりません。

 

ですから、専門用語を英語で

どのように記載するのかも、

学んでおく必要が出てきます。

 

ですが、何も心配することはありません。

 

いくつかの要点を押さえておくこと、

さらには、必要以上に細かく

英語でギターの状態を書かなければ、

意味は通じるので、意外ですが、

その方が良いのです。

 

私は、最初は、よくわからずに、

英語で細かく、ギターの状態

について記載していました。

 

しかも、翻訳ソフトに依存していました。

 

そうすると、カスタマーから

「何のことを言っているのかわかない、

おまえのお店の問題は、ギターの状態を

正確に伝えることだ。」

 

との、手厳しいコメントが何度も

返ってきて、かなりへこみました。

 

それからは、ギターの基本的なスペック

を記載して、個人的なギターに対する

印象や思いは記載しないように

しました。

 

そうすると、苦情の連絡がかなり

減りました。

 

無在庫販売の場合、

日本のネットショップは、かなり

細かくギターの状態を「私感」で

記載しています。

 

これを英語でカスタマーに、意図通りに

伝えることはかなり困難です。

 

たとえば、透き通るようなクリアーな音

がします、

流れるようなメロディーラインを

演奏するのに適しています。

 

この手の「私感」は人により異なり、

また非常にそのニュアンスを

伝えにくいです。

 

そこで、そのギターの問題点を

箇条書きにして、シンプルに伝え、

写真に矢印を入れるなどして、

わかりやすくすることに

特化して記載するように

変更しました。

 

そのおかげで、信頼を得られるように

なり、ギターがだんだん売れるように

なりました。

 

私の所に、「ギターが全く売れない」と

言ってくる方が多いのですが、これは、

カスタマーから信頼を得られていない

からだと考えています。

 

売れるギターをそこそこ安価に

出品していれば、必ず売れます。

 

売れないのは、ギターの状態を

きちんと伝える、出品時の説明文や

写真に問題がある事が多く、

他のセラーと差別化出来ていない

からです。

 

ご自身でも外国から、何十万円もする

商品を購入する時に、写真だけで

判断するわけですから、なかなか

購入に踏み切れないのは

わかると思います。

 

まずは、あなたなら、このギターについて

ここが聞きたい、と思うようなところを

商品説明に記載してみてください。

 

何度もやっているうちに慣れてきて、

そのころには、ギターも売れるように

なってきますから、大丈夫です。

 

最初から思ったようには出来ないです。

 

続けていれば必ず出来るようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください