知識と経験はどうやってつけるのか?

ギター転売をはじめて、最初にぶつかるのが、ギターについての知識と経験をどうやってつけるのかだと思います。

今までギターを弾いたことがない人にとっては、相当ハードルが高いようです。

ですが、実際の楽器店を経営している人でも、ギターが弾けない人がいます。

どうしてそんな方がギターを販売しているのか、最初は訳がわかりませんでした。

伺ったところ、きっかけは何でも良いんです。

音楽が嫌いな人はいないと思います。

たとえば、ある曲が好きだとか、この曲の中で弾かれているギターのフレーズは好きだとか。

何でもいいんです。

そこからスタートだと思います。

曲が弾けなくても、弦をはじいただけで、そのギターが中古なのか、vintageなのかわかります。

vintageギターはそれほど通常のギターとは違うのです。

本題に戻りますが、知識と経験は、弾いたギターの数が多ければ多いほどつきます。

そして、自分で勉強しなくても、すべて楽器店のスタッフが教えてくれます。

ギター転売を始めるのであれば、まずは楽器店に行って、試奏してください。

そして、店員と話をして下さい。

何でも良いんです。

オススメのギターはどれですか?

最近このタイプのギターよく売れてますか?

初めてギブソン買う人に勧めるならどのギターですか?

そして、仲良くなる。

何度も通っているうちに、情報をどんどん教えてくれますよ。

このギターは今日入荷したのですがものすごくお得です。

今までで最高のギターが入荷しました。

委託販売して欲しいと言われたギターですが、なかなか程度が良いのでどうですか?

ギターに触って、話をしているうちにだんだん詳しくなります。

気づいたら、人に教えられるようになっています。

これがコツだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です