ギター転売で稼ぐコツ2 ギター転売で最初に考えること

今日は、

ギター転売で最初に考えること、

について、お伝えします。

 

これからギター転売を始めようとされる

方に、お伝えしたいことの一つとして、

「どこで、何を販売していくのか?」が

あります。

 

どこで?とは、プラットホームのことを

指しています。

 

AmazonなのかeBayなのか、それとも

ヤフオクなのか?

 

自分でネットショップを開くのか?

 

色々な選択肢があると思います。

 

この中で、自分に向いた場所で販売する

良いですね。

 

たとえば、英語が苦手で、とても

英語でやり取りが出来ないのであれば、

日本語のプラットホームを

考えるべきだと思います。

 

それならば、ヤフオクや、メルカリが

適当だと思います。

 

英語がある程度できる、すこしは

英語が話せる、ならば、

輸出が良いですね。

 

eBay輸出やAmazon輸出に取り組めば

よいと思います。

 

ギターの仲間がたくさんいる場合は、

個人委託で販売してもよいと

思います。

 

これが最も稼げます。

 

このようなかんじで、

自分が何に向いているのか?

 

どこで販売するのか?を、

 

最初に決めるといいですね。

 

まずは、ここからです。

 

次に、自分のプラットホームをつくる

ことです。

 

アカウントを作ると言うことです。

 

このアカウントの作り方ですが、

難しくないです。

 

画面に従って、順番に入力していくと

良い訳です。

 

プラットホームでは、かならず、

入出金の入力があります。

 

たとえば、ヤフオクでしたら、

ヤフーにアカウントを作って、

ヤフープレミアム、ヤフーウォレットに

登録してください。

 

Amazon輸出でしたら、「ペイオニア」

という、Amazonから入金を受ける

海外口座を作ってください。

 

eBay輸出でしたら、「ペイパル」という

入出金システムのビジネスアカウントに

登録してください。

 

これをやらないと、お金の入金がしてもらえないです。

 

海外から送金は、面倒です。

 

まずは、ここからスタートですね。

 

そして、自分のアカウントに出品する

ことになります。

 

次に、ギターをどうやって売っていくか

ですが、最初に・・・

 

アコースティックギターを販売するのか、

エレキギターを販売するのか、

両方を販売するのか?

 

およそのプラン立てが必要です。

 

アコギとエレキは似た部分も多いですが、

異なっている部分もあります。

 

最初は、どちらかに絞った方が良いです。

 

どのような販売でも

 

「最初はとにかくターゲットを絞ること」

 

をオススメします。

 

この方が確実に成功します。

 

漫然とやっていると、うまくいかない

ことが多いですから。

 

それが決まったら、次は資金について

考えてみます。

 

どのくらいのお金を使えるのか?を

考えてみてください。

 

もしも、1万円もお金をかけられない

のでしたら、

 

「無在庫販売」

 

が適しています。

 

無在庫販売とは、実際にネット上に

出ている商品をそのまま、自分の

プラットホームで転売するのです。

 

これは資金がなくても可能ですが、

クレジットカードが必要です。

 

クレジットカードが全くない方は、

最初に少額製品を現金で仕入れて、

ヤフオクなどの回転率の早い

プラットホームで資金を少しずつ

貯めるのです。

 

この方法でも出来ますね。

 

ギター転売で最初から、マーティンや

ギブソンを販売していく必要はないです。

 

高額商品ですから、リスクが大きい

からです。

 

最初は国産の、ヤイリや、ヤマハといった

メーカーからスタートしても十分に

稼げます。

 

最初は小さく、だんだん広げていく方法

でも、続けていれば、稼げます。

 

一番ダメなのは、やらないことです。

 

ですから、まずはギターを1本

販売してみて下さい。

 

出来るようになるためには、

やり続けることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください