ギター転売で稼ぐコツ13 カスタマーからの問い合わせ例はコレ!!

今日は、カスタマーからの問い合わせ例

について、お伝えします。

 

ギター転売では、高額なギターを

扱っているので、高額商品に特有の

問い合わせが多いです。

 

考えて見るとわかりますが、

50万円以上の商品を購入するときには

写真や商品説明だけを見て

購入することはあまりないです。

 

どんな問い合わせが多いかというと・・・

 

一番多い問い合わせは、価格交渉です。

 

やはり高額商品だけに、少しでも

安価に購入したいと、価格交渉が

たくさん来ます。

 

ところが、実際に購入してくれる方は、

この交渉があまりないです。

 

おそらくは、富裕層なのだと思います。

 

ひつこく価格交渉してくる方は、

購入しない例が多いです。

 

次に多いのが、ギターの出品説明の

内容について、です。

 

昨日もらった問い合わせは、

 

「カスタムモデルとは、何がカスタムなのか?」

 

でした。

 

これは、無在庫販売であるならば、

ネットショップの画面を見て、その

内容を回答すると良いですね。

 

わからなければ、ネットショップに

質問を出すと良いですね。

 

ネットショップは、質問には

丁寧に回答してくれることが多い

ですから、心配は必要ないです。

 

その他で多いのは、追加写真を要望して

くるカスタマーが結構いるという点です。

 

これも、無在庫販売なら、ネットショップ

にすぐに連絡して、写真を送って

もらうべきです。

 

他では、詳細なギターのスペックに

関するもの、などが多いように

感じます。

 

欧州からのカスタマーからは、

関税をごまかして、安価な価格で

商品を発送して欲しいという依頼

がとても多いです。

 

これは、できるだけやらない方が良いと

回答しています。

 

うまくいくこともあるのですが、多くの

税関職員はよくわかっていて、

中には、開梱されて商品が確かめられて

実際の価格よりも高額な関税を徴収

されることもあります。

 

うまくいくかどうかは、その時々で

かわり、よくわからないのです。

 

この依頼に関しては、自分にとっても

リスクがあります。

 

それは、配送時の保険金額を

下げざる得ない、からです。

 

万が一、商品の配送に問題が

あった時には、大変なことに

なりますね。

 

ですから、これは基本的には

受けない方が良いと思います。

 

中には、回答出来ない質問や

問い合わせも来ます。

 

また、出品に対する苦情や嫌がらせも

来ますね。

 

この手の問い合わせでも、きちんと

質問には対応して、それなりの返事を

返すべきです。

 

何も返事しないのは、良くないです

 

Amazon輸出やeBay輸出では

プラットフォームが

カスタマーとセラーのうりとり

を監視していますから、注意が必要です。

 

Amazon輸出では、回答までの時間を

測定しています。

 

出来るだけ回答は早く返すこと、

丁寧な文章で。

 

これらを心がけるだけで、

売り上げが変わってきます。

 

あなたもやってみると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です