ギター転売で稼ぐコツ17 ギターの相場価格が上がってきたー

今日は、

ギターの相場価格が上がってきたー、

についてお伝えします。

 

ギター転売をやっていると、仕入れ目的で

毎日のように、ギターをチェックしますね。

 

すると、不思議なことに、ギター価格が

頭に入ってきます。

 

実は、これがとても大切なことで、

相場が頭に入っているかどうかで、

仕入れるギターの判断が出来る訳です。

 

意識して覚えなくても、毎日

ギター転売で仕入れるギターをリサーチ

していると、自然と頭に入ります。

 

最近、今年に入ってからですが、

ギターの相場価格が上がってきました。

 

昨年のクリスマスシーズンの頃と

比較すると、ブランドギターで

数万~5万円くらい

高くなってきています。

 

さらに、最近は円高ですので、

輸出をやっている方には、辛い場面が

多いですね。

 

そんなわけで、ヤフオクでも、

落札されるギター価格が少し上がった

ように感じます。

 

たとえば、マーティンのD-18。

 

このギターは定番ギターなのですが、

昨年までは10万円台で仕入れることが

可能でした。

 

ヤフオクでも、ネットショップでも

高くない。

 

こんな状態が維持されていました。

 

ところが、最近は13~15万円位

ヤフオクで取引されていますね。

 

15万円を超えたりしています。

 

同じように、D-28の場合も、

上がってきています。

 

昨年は、9万~13万位で仕入ることが

できましたが、今年はヤフオクでも

15万円以上の落札価格になって

きています。

 

このように、ギター価格の相場は、

理由は判然としないですが、

波があります。

 

市場のこの2つのギターの流通は

それほど変わらない感じがするのに、

価格だけが上がってきています。

 

これにつられてか、他のギターも

価格が上がってきているように

感じます。

 

国産のギターも同様の傾向です。

 

ただ、ネットショップでは、

セール品を中心として、時々

激安の商品が出品されています。

 

上手くリサーチしさえすれば、

ターゲットのギターを安い価格で

仕入れることが可能です。

 

実店舗でも、セール品があり、

以前にマーティンのD-45を

40万円の前半で仕入れて、

30万円位の利益をつけて

販売したことがあります。

 

セール品は、朝一番に

店舗に行くとよいですよ。

 

その時に必要なのは、

相場価格を把握していることです。

 

これが、頭に入っていると

仕入れて良いかどうかが

瞬時に判断出来るからです。

 

これは、毎日のリサーチにより

鍛えられます

 

あなたもやってみるといいですね。

 

リサーチがだんだん早くなり、

稼げる商品を見つけるスピードが

早くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です