ギター転売の考え方13 楽器のパーツは売れるのか?

今日は、楽器のパーツは売れるのか?

について、お伝えします。

 

ギターやバイオリンの場合は

木が一体になっていて、

自分でばらして交換する、組み立てる

という作業はしないですね。

 

ところが、エレキギターの場合は

各パーツの組み合わせで

できていると言っても

過言ではありません。

 

最近取り組んでいる弦楽器の中で

ネックが売れるという事がわかって

きました。

 

楽器は趣味の商品であるということから、

自分で楽器を組み立ててオリジナルな

楽器を作る趣味の方もたくさん

おられるようです。

 

このネックの販売ですが、問い合わせも

ビックリするくらいたくさんありました。

 

弦の数やシリアルナンバー、

バインディングやフィンガーボードの

状態まで、自分で組み立てる方には、

マニアが多いのか、回答するのが

一苦労でした。

 

これが良い経験になって、楽器転売では、

楽器のパーツにも興味を持っておられる

方が、とてもたくさんいることが

わかりました。

 

本当に、これはやってみて、始めて

わかったことでした。

 

こんな感じでこれからは、

ギターについては、

ペグやピックガード、

エンドピンなどの小物以外の

いくつかのパーツについても検討していこうと思いました。

 

私がいつもおつたえしているのですが、

このように、1つの得意なカテゴリーが

できたら、それを核にして

販売する商品をどんどん広げていくと

よいと思います。

 

一見して、スピードが遅いように

感じますが、そんな事はありません。

 

自分の得意なカテゴリーの周辺から

攻めて、どんどん広げていく方が、

結局は近道です。

 

私の場合もギター転売から始めて

他の楽器に広げています。

 

今では、私は、ギター以外にも色々な

楽器を販売しており、

だんだん、どんな楽器が人気なのか、

どの国の人が、どんな楽器に興味が

あるのか、わかってきました。

 

本当に楽器は世界中で愛されており、

趣味で楽器を演奏している人、

また、楽器自体を集めているコレクター

など、色々な方がおられます。

 

上手く販売していくと、

どんどん市場が広がり、

面白いことになりそうです。

 

あなたも色々テストして、

どんな商品が売れるのか

試してみると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です