ギターを修理するとどの位かかるのか?

今日は、ギターを修理すると

どの位かかるのか?

についてお伝えします。

 

ギター転売は、不備のあるギターでも

修理をしないで、

商品を横流しすることで、

利益を上げる方法です。

 

これが基本ですが、

もしも修理が必要になったら、

いくらかかるのか?

 

これも、知っておいた方が

いいですね。

 

たとえば、消耗品である

弦の交換だけでも、

楽器店なら1000円以上

とられます。

 

アコギで全フレットを

交換すると

約4~5万円、

 

マーティンのピックガードを

張り替えて、塗装を塗り込み仕上げ

にすると、2万円以上かかります。

 

ネックリセットが6~7万円、

 

クラック1箇所の部分塗装つきで

2万円はかかります。

 

ブリッジの再接着は2万円、

 

ピックアップの取り付けだけでも

1~2万円かかりますね。

 

このことから、考えると、

 

とても修理を前提にギターを

仕入れてはいけないです。

 

すぐに10万円位の額になって

稼げるどころではなく、

もう1本購入した方が良い

状態となります。

 

ですから、ギター転売では、

ギターを仕入れる際には、

修理が必要なギターは仕入れては

いけないです。

 

これは、鉄則ですから、

間違わないようにしてくださいね。

 

しかし、自分で簡単に修理、交換

出来るギターなら、購入しても

大丈夫ですね。

 

たとえば、ストラップピンや

エンドピンを交換する。

 

ペグを交換する。

 

この手の作業は、

丁寧にやりさえすれば、

素人でも可能です。

 

ですから、まずは、

ギターの最低限の知識を蓄えること、

そして、

自分の責任で修理可能なギターだと

判断したら、仕入れると良いですね。

 

仕入れて、修理が必要なギターだった

場合は、「ジャンク品」として

出品するしかないです。

 

ヤフオクでは、この名前で

結構綺麗なギターが出品されています。

 

わかっている人が見ると、

不具合は、すぐにわかりますので、

嘘はつけないです。

 

問題点があれば、きちんと伝えて、

販売することが基本です。

 

嘘はすぐにバレますから、要注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です