配送中にギターがなくなることってあるのですか?

今日は、ギターがなくなることって

あるのですか?

について、お伝えします。

 

ギター転売では、高額なギターを

取り扱っていることから、

 

仮に商品が紛失すると

大きな痛手になります。

 

ところが、世界は広くて、

ギターがなくなることも

ありますね。

 

私の仲間もギターがなくなって

25万円失ったと言っています。

 

 

まず、お伝えしたいのは、

 

「紛失は、ほとんどない。」

 

ということです。

 

非常にまれです。

 

 

私は、過去に100本以上、

ギターを販売していますが、

 

運良く、1本もなくなったことが

ありません。

 

本当です。

 

では、そのリスクをできるだけ

避けるためには、

どうすれば、良いのでしょうか?

 

まず、配送時の注意点から・・

 

配送時には、ラベルに

必要事項を、きちんと記載する

ことです。

 

特に注意する点は、先方の

「電話番号の記載」です。

 

どうして、これが必要かというと、

先方の国の税関で停まったときに、

税関からカスタマーに電話するからです。

 

先方の税関で停まることは、

よくあることです。

 

この時、電話番号がないと、

紛失する可能性が高いです。

 

また、トラッキングできる配送方法で、

ギターを送ることです。

 

日本郵便ですと、EMS便がいいですね。

 

先方の国で、国内輸送するときも

トラッキングで所在がわかります。

 

さらに、万が一なくなったときのために

保険をかけることです。

 

保険料金は、

ギターの価格にもよりますが、

それほど高額ではないです。

 

ですから、かならず、保険をかけて

くださいね。

 

EMSラベルに記載する部分があります。

 

しかし、商品ですから、

絶対になくならない、とは

言えないですね。

 

もしも、カスタマーとも

連絡を取り合って、

紛失が判明したら、

どうするかですが・・・

 

「国際調査請求」

 

をかけます。

 

これは、セラーのみが、その請求権利が

与えられます。

 

面倒なことには、直接セラーが

郵便局に行って、提出する必要があると

いうことです。

 

調査期間は3か月ほどかかります。

 

たいていは、なくなっていて、

戻ってこないですね。

 

まあ、なくなることは

まれですので、まずないです。

 

 

今日はこの部分について、

 

特典として、通関時の注意点について

おはなししますね。

 

ココカラです

↓↓↓↓

http://akinak.net/NAGOMU/tokutenonsei/20160406_tuukanntyuui.MP3

 

 

今日は、いよいよ

ウェビセミナーですね。

 

4月6日(水)、午後8時から10時頃まで

 

あなたに向けて、配信します。

 

配信URLは、ココです。

↓↓↓↓

http://akinak.net/20160406/

 

見逃さないようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です