ギターのネックについての話

今日は、

ギターのいちばん弱いところ、

ネックについての話を

お伝えします。

 

ギターは弦を張って演奏する楽器です。

 

ネックが曲がってしまっては、

演奏が困難になるばかりでなく、

 

場合によっては、楽器としての

商品価値がなくなってしまうことも

考えられます。

 

このネックについては、

たくさんの注意点があります。

 

今日は特典として、

このネックに関する注意点を

お伝えしますね。

 

ココカラです

↓↓↓↓

http://akinak.net/NAGOMU/tokutenonsei/20160402_neck.MP3

 

 

ネックは、ギターを演奏する上で、

とても大切な部分です。

 

反っていたり、ねじれていたり、

色々な障害があります。

 

この部分に問題があるギターは

ほとんど売れないと考えて

いいと思います。

 

演奏しづらくなったり、

場合によっては

演奏できないからです。

 

ですから、ギター転売でギターを仕入れる

際には、このネックについては、

十分に注意して仕入れて下さい。

 

ギターのネックの太さも、

メーカーにより異なっています。

 

また、同じメーカーでも、

ギターが作られた年代により

多少異なっています。

 

たとえば、サンタクルーズという

ギターブランドは、

ネックが細く、ロック系の音楽を

やっている方が、

好んで使っています。

 

一方、オールドタイムミュージシャンに

好まれる、ギャラガーというブランドは

ネック幅(ナット幅)がひろく、

ネックも太めです。

 

ギターの弾きやすさは人により、

意見が分かれるところですが、

細いネックが好きな方が

結構多いですね。

 

また、ネックは

アジャスタブルロッドで

反りを、多少なら

調整できるのですが、

 

「ネックの元起き」

 

という、付け根の部分から

曲がっている場合は、

このロッドを回しても

調整出来ないです。

 

アジャスタブルロッドは、

ネック自体の曲がりを調整

するもので、

 

ネックが曲がっていなくても

ネックのボディー部分で

まがってしまっていれば、

致命的です。

 

ですから、ギターを仕入れる際に

わからなければ、質問したりして、

きちんと内容を把握して、

確認してから仕入れるべきです。

 

ネックの反りや、

気をつける点についても

ウェビセミナーでお知らせします。

 

4月6日(水)、午後8時から10時まで

 

あなたに向けて、配信します。

 

配信URLは、ココです。

↓↓↓↓

http://akinak.net/20160406/

 

見逃さないようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください