安易に値引きに応じるな!

今日は、値引きについて考えて見ました。

先方の予算通りにギターが売れることばかりではありません。

通常、予算が少ないため、ギターを購入することが出来ない場合が多いです。

特に外国からの発注はこちらの価格をそのまま販売することでまとまらないことが多いです。

おそらく、外国では、商品は値切って購入するが一般的だからでしょう。

通常、とても販売することの出来ない安価な価格で売って欲しいと持ちかけられます。

ですが、安易に価格は下げてはいけません。

価格を下げるのではなく、価格の安いギターをヤフオクなどで探して、販売をもちかけるのです。

このたぐいのギターでは、販売後、修理が必要なギターが含まれます。

先方には、この価格でギターをお探しなら、この程度のギターしかないですよ。

と、きちんと伝えるべきです。

安易に価格を下げると、さらに値切ってきますし、いつでも値引いてくれるショップになってしまいます。

修理が必要な箇所の写真などを送って、本当にこのギターで良いか、問い合わせてください。

そうすれば、わかってくれると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください