出品する時の注意点

ギター転売をやっていて、出品する時の注意点についてお話しします。

まず、当たり前のことですが、写真はきれいにとって下さい。

取るべき場所は、自分がギターを購入したいときに、見る場所です。

傷の具合や、ストラップピンが付いているかどうかなど、押さえるべき点はいくつかあります。

その他には、タイトルです。

多くの方が、ギターの販売を行っています。

その時に、よく聞かれるのが、出品時のタイトルのわかりやすさです。

そのギターのブランド名と機種名がわかるのは当たり前ですが、それだけではなく、下記の点にも注意します。

ギターのボディーのサイズ。
何年に作製されたギターなのか。
全体としてのギターのコンディション。

それと何か、問題点があるときには、ひと言で、わかるような記載。

たとえば、ネックに難あり。
修復歴有り。
ジャンク扱い。

など。

自分が購入するときに聞きたいことを書いていれば、OKですから。

他の人の出品しているギターをよく見て、真似をして下さい。

転売では、まず真似が大切です。

売れてる人には、それなりの理由がありますから。

売れているセラーの真似をするのです。

まずは、ここからです。

頑張って下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です