ギター転売では商品の傷はどこまで許されるのか?

今日は、

商品の傷はどこまで許されるのか?

について、お伝えします。

ギター転売をやっていると、
カスタマーの人柄が
よくわかるような気がします。

最初から、メチャクチャ細かい方、
この手のかたは、
さんざん質問攻めしてきて
結局は購入しない。

こう言った方が多いです。

なかには、購入前提で
質問してくる方もいます。

その場合は、とにかく
細かい点まで、しっかりと
返答して、

さらに、問題点は
確実に相手に伝えることです。

いわゆる”disclosure”です。

それをやっていないと、
あとから返品するだの、
返金しろとか
メチャクチャうるさいです。

ここで、問題になるのは、
ギターの状態です。

ネックの状態はとても
大切ですから、きちんと
伝えて下さい。

トラスロッドが回るのか、
調整出来るのか、

修復跡がないのか、
大きな傷はないか、

このあたりはきちんと
伝えて下さい。

あと、傷ですが、
これは、正直、
カスタマーの印象によっても
変わってきます。

たとえば、わたしが大きな傷ではない、
と、考えていても、

カスタマーが、
こんな大きな傷を隠して
販売するなんて、詐欺だ。

と言ってくる時もあります。

こんな時にはギターの返品が要請され、
eBayとPayPalが
こちらの話を全く無視して、
無理矢理返金します。

どんなに抵抗しても無理です。

これがeBayとPayPalの
よくないところです。

ですから、傷は小さいと思っても、
目立つ場所にあるものは、
きちんと先方に伝えるべきです。

ただ、不安をあおるような記述は
必要ないです。

あくまでもお知らせとして、
伝えるべきです。

本当に先方が気にすれば、

「写真を送れ」

などど、言ってきますから。

ここは、注意する必要がありますね。

今日のトピックについて
音声特典を作成しました。

ココカラです。
↓↓↓↓

ギター転売に興味をお持ちの方は、

下記のChatwork(無料アプリ)で
私に、コンタクト申請してくださいね。

↓↓↓↓
中村明楽ID:kaitakuhiro
メルアド検索:kaitakuhiro@yahoo.co.jp

ギター転売・エフェクター転売の
Chatworkグループに参加可能です。

無料で参加できます。

あなたもメンバーになって、
一緒にギター転売・エフェクター転売
に、取り組んでみませんか?

毎日のようにメンバーが増えています。

質問やご自身のギターの話も
たくさん出ていて、
とても楽しいですよ。

勉強にもなりますしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください