ギターの商品説明には、 何を書いたらよいのか?

今日は、

ギターの商品説明には、
何を書いたらよいのか?

について、お伝えします。

何度かお伝えしたのですが、
ギター転売では、
通常の説明文の記載に
少し、工夫を加えて、
商品出品画面を作成しています。

この時に、この画面に
記載すべきことに、
どのような内容があるかですが、

商品タイトルは、
ハッキリとわかるように
書くべきです。

また、ギターの製造年は
必ず記載して下さい。

これは、ギターの製造年と
ギターの価格・価値が
相関していることが多いからです。

ギターの価格は、
その製造年により異なります。

通常は古いほど
価格が高くなることが多いです。

マーティンギターの場合は、
1969年以前のギターは、
ローズウッドがハカランダと呼ばれる、
ブラジリアンローズウッドで
作製されています。

この木材は価値が非常に高く、
音も全く別物です。

このギターの価格は非常に高いです。

それとギターに問題点が
ある場合には、
その部分について、
きちんと記載すべきです。

問題点のある部分を記載しないと
返品や返金になったりして、
問題が大きくなり、

場合によっては、アカウントに
傷がつきかねないです。

このような状態は
絶対に避けないと
いけない訳ですから、
気をつけてください。

あとは、ネックの状態や傷、
とくに大きいものはきちんと
記載してください。

自分がギターを購入する時のことを
考えてみるとわかると思います。

それと、自分の商品の価値を高める
ような記載を追記するとよいです。

セール中で、通常価格よりも
安価であることとか、

このギターは貴重で滅多に出ないので、
お買い得だとか、

いわゆるセールストークです。

これが上手くできていると、
問い合わせが非常にたくさん来ます。

最終的には、カスタマーが納得して、
自分との信頼関係が
うまく構築されたときに
ギターが売れます。

こんなちょっとした、
工夫なんですね。

今日のトピックの無料音声特典は
ココカラです。
↓↓↓↓

ギター転売に興味をお持ちの方は、

下記のChatwork(無料アプリ)で
私に、コンタクト申請してくださいね。

↓↓↓↓
中村明楽ID:kaitakuhiro
メルアド検索:kaitakuhiro@yahoo.co.jp

ギター転売・エフェクター転売の
Chatworkグループに参加可能です。

無料で参加できます。

あなたもメンバーになって、
一緒にギター転売・エフェクター転売
に、取り組んでみませんか?

毎日のようにメンバーが増えています。

質問やご自身のギターの話も
たくさん出ていて、
とても楽しいですよ。

勉強にもなりますしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください