ギター販売時の関税対策

今日は、

 

販売時の関税対策

 

について、お伝えします。

 

ギター転売で扱う商品は

高額な商品が多いため、

 

海外のカスタマーには

 

「関税」

 

が大きな負担になっています。

 

この関税を逃れようと考えて、

 

色々なやり方を指示してくる

カスタマーがあとを立たないです。

 

ひどい方になると、

$3000以上するギターを

$300と記載してほしい。

 

と、言ってくるカスタマーも

います。

 

通常、ラベルにギターの金額を

記載するのですが、

日本円で20万円を越える

ギターを海外へ発送するときには、

 

「通関委任状」

 

も必要となります。

 

これは、日本郵便が自分のかわりに

通関してくれるため、

非常に楽です。

 

この時に、税関から電話がかかって

来たこともあります。

 

電話番号もキチンと書くように、

注意が必要ですね。

 

関税の話に戻りますが、

税関側も、最近は、

関税逃れに敏感です。

 

とくに、欧州の場合は、

関税がとても高いので、

税関逃れを行う人がとても多く、

ややこしいことになる場合もあります。

 

この時に重要なのが、

 

「カスタマーの電話番号」

 

になります。

 

現地の税関から、カスタマーに

直接連絡が入って、

事情や経緯を聞かれるのです。

 

私の印象では、最近は税関逃れ

しにくくなってきています。

 

税関側も、ギターのブランド名や

日本を初めとした、

海外からのギターの発送には

とても敏感になっています。

 

ですから、最近では、私は、

税関逃れは成功しづらいので、

やめた方が良いとアドバイスしています。

 

ですが、どうしても関税が払いたくない

ので、安価な額をラベルに記載して欲しい

と言う方がたくさんおられます。

 

これは、実は、

カスタマーにとっては有利なのですが、

セラーにとってはリスクです。

 

といいますのは、ラベルに書いた金額が

保険の対象金額となるからです。

 

ギターは滅多に無くならないですが、

絶対だとは言い切れません。

 

ですから、金額を下げて

保険金額を下げると

もしも無くなったときに、

全額返還されません。

 

ここらのことをよく考えて、

カスタマーと相談しながら

配送を行ってくださいね。

 

何も喧嘩する必要はありませんが、

関税逃れは、成功しにくいので、

辞めるべきだとのコメントを

カスタマーに投げかけてみると

よいですね。

 

今日のトピックの無料音声特典は

ココカラです。

↓↓↓↓

http://akinak.net/NAGOMU/tokutenonsei/20160704_taxproblems.MP3

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください