品質の高いギターの見分けかた

今日は、

 

品質の高いギターの見分けかた

 

について、お伝えします。

 

ギター転売をやっていますと、

ギターの「目利き」

できるようになってきます。

 

最初のうちは、なかなか

わからないですが、

 

しばらくやっているうちに

感じがつかめてきます。

 

この感触をつかむためには、

実店舗で「試奏」させてもらうのが、

一番近道です。

 

これをたびたびやっていますと、

世界中の色々なギターを

弾くことになりますので、

 

だんだん、

品質の高いギターについての知識

がついてきます。

 

一般的ですが、品質の高いギターは、

 

「音量が大きい」

 

という、特徴があります。

 

信じられないくらい、大きい音がする

ギターもたくさんあります。

 

また、「ギラギラした音がするギター」

 

これも、品質が高いことが多いです。

 

たとえば、マーティンのD-45。

 

このギターは音がギラギラしていて、

しかも、音量がスゴイです。

 

こんなギターを持っている人は

幸せですね。

 

他に、品質の高いギターは、

 

そのギターに想定されるような音

とは異なる音色がする。

 

こんなギターも

品質が高いことが多いです。

 

たとえば、サイドバックが

ローズウッドなのに、

 

マホガニーのキンキンした音が

するギター。

 

こんなギターも、

品質が高いことが多いです。

 

ギターは同じ種類でも、

1本・いっぽん、異なっています。

 

ですから、たくさんのギターを弾くことで、

だんだん、知識や売れるかどうかの

 

「勘」

 

身についてくるようになります。

 

私は、過去に100本以上の

ギターを販売して、

 

今では、

自分で弾いてみると、

そのギターが売れるかどうかが

なぜかわかるようになってきました。

 

ここまでくれば、楽勝です。

 

あなたもきっとなれます。

 

ギター転売を続けることです。

 

 

今日のトピックの無料音声特典は

ココカラです。

↓↓↓↓

http://akinak.net/NAGOMU/tokutenonsei/20160708_miwakekata.MP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください