カスタマーはどんなお店を求めているのか?

今日は、

 

カスタマーは

どんなお店を求めているのか?

 

について、お伝えします。

 

ギター転売では、

安価な商品の販売とは異なり、

 

高額な商品を販売するワケですから、

 

できれば、専門店に近い形の方が

売れるようです。

 

ただ、完全に専門店化する

必要はありません。

 

出品するギターの本数にして、

20~30本位出しておけば

大丈夫だと考えています。

 

理由は、私が最初に

ギター転売をやり始めたときに、

 

だいたいこのくらいの数の

ギターを出品したところで、

売れ出したからです。

 

ギターは趣味の商品です。

 

しかも高額。

 

このことを考えると、

 

カスタマーは購入に慎重です。

 

信頼のあるお店はどこか?

 

価格が安いお店はどこか?

 

自分の希望を聞いてくれるお店は

どれか?

 

こんなお店を探しています。

 

まず、自分が顧客だと思って

くださいね。

 

どこのお店で購入しますか?

 

お店の商品のほとんどが

おもちゃやゲーム機の

ショップで、

 

ギターの出品が5本である

ショップがあるとします。

 

そのショップと全く同じギターが

同じ価格で出品されていて、

 

出品されているギターが

100本以上あり、

 

ギター以外に、弦やピック、

楽譜やケースなどの小物も

販売している店があったとします。

 

かりに、このギターの価格が

40万円だとします。

 

あなたはどちら店から

ギターを購入しますか?

 

わたしなら、

ギターが100本以上出品されている

店から購入します。

 

ですが、ギターの価格が

3000円だったら?

 

もしかすると、ゲーム機のお店から

購入するかもしれないです。

 

こういうことです。

 

ギターは高額です。

 

ですから、

簡単には、購入してくれないです。

 

そのギターの状態をきちんと

説明してくれる、

 

自分が質問すると、

キチンとその回答を

だしてくれる、

 

そんなお店を求めています。

 

こんな気持ちでギターを

販売して下さい。

 

難しいことはありません。

 

適正な価格でギターを

出品していれば、

 

必ず購入してくれます。

 

ギターがたくさんの人から

愛されているからです。

 

今日のトピックの無料音声特典は

ココカラです。

↓↓↓↓

http://akinak.net/NAGOMU/tokutenonsei/20160718_dokokarakauka.MP3

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です