早さが命の商品についての問い合わせ対応

今日は、

 

商品についての

問い合わせ対応

 

について、お伝えします。

 

ギター転売をやっていますと、

商品についての問い合わせが

非常に多いことに気がつきます。

 

これは、高額商品に

特有のことで、

 

私がやっているAmazon輸出では、

数万円までの商品が多いので、

このようなことは、あまりないです。

 

確かに自分で購入する時のことを

考えてみても、

 

高額商品なら慎重になりますよね。

 

ギターについての問い合わせで

気をつけたいのは、

 

「回答の早さ」

 

です。

 

カスタマーは商品が欲しい

ワケですから、

 

出来るだけ早く回答すること。

 

これがとても大切になってきます。

 

信頼関係の構築や

購入の動機づけには、

 

この「早さ」は、

 

とても大切だと考えています。

 

問い合わせ内容によっては、

無在庫販売していれば、

わからないこともあります。

 

そんな時には、

スグにネットショップに

問い合わせすることです。

 

また、すべての質問に

的確に回答するのが

基本ですが、

 

どうしてもこらえられない、

わからない項目もあります。

 

そんな時には、ハッキリと

 

「わからない」

 

と答えるべきだと思います。

 

わからないのに、適当に回答して、

それが理由でカスタマーとの

信頼関係がこわれたら

ギター販売は成立しないからです。

 

たとえば、

 

「このギターは完全にオリジナルか?」

 

という質問があります。

 

この質問には、答えにくいです。

 

細かい点で改造や、

パーツの変更が

されているかもしれないからです。

 

たいていのことは、

ネットショップに聞くか、

ネットで調べるとわかります。

 

私もたびたびわからない事が出てきて、

調べたり、聞いたりしています。

 

ネットショップは丁寧ですから

たいていはわかるのですが、

 

ヤフオクなどから仕入れる際には、

売り手の知識不足から

わからないこともあります。

 

そんな時には、写真を

送ってもらうと良いでしょう。

 

百聞は一見にしかず、

ではないですが、

 

写真を送って、

それでも、ひつこく聞いてくる

カスタマーは、

購入しない方が多いですね。

 

あなたも、いろいろな対応を

やってみて下さい。

 

知らず知らずのうちに、

ギターに詳しくなりますから。

 

今日のトピックの無料音声特典は

ココカラです。

↓↓↓↓

http://akinak.net/NAGOMU/tokutenonsei/20160720_toiawase.MP3

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です