どの弦を張っても大丈夫なのか?

アコースティックギターに張る弦の話をしますね。

アコースティックギターに張る弦の種類ですが、たくさんあります。

一般的にはライトゲージと呼ばれる弦をはります。

多くのギター物このゲージが張ってあります。

これ以外によく使われているのが、ミディアムゲージです。

ギターによっては、「弦は、ライトゲージとミディアムゲージのみに限定」

このように記載されているギターもあります。

ですから、この手の記載があるギターにはヘビーゲージのような、堅い弦を張ってはいけないです。

他にどんな種類の弦があるかというと、コンパウンドゲージ、ブルーグラスゲージなどが、昔からある弦です。

それぞれの弦により、音が異なりますし、弾くときのテンションも異なります。

初心者はライトゲージが良いでしょう。

ギター転売でも、もしも弦を張り替える必要があるのであれば、ライトゲージが良いですね。

通常は、最初に張ってある弦をそのまま張った状態で発送しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください