ギターの販売価格のつけかた

今日は、

 

ギターの販売価格のつけかた

 

について、お伝えします。

 

ギター転売で、出品されるギターの

価格についての質問がありました。

 

最初にお伝えしたいのは、

すべての商品に

 

「高額な利益をのせないこと」

 

だと思います。

 

質問の内容には、

「ギター1本で

10万円以上の利益をのせたい。」

 

と書かれていましたが、

 

この設定は、ギターに依存します。

 

たとえば、マーティンのD-18について

考えてみると、

 

価格相場はおよそ11~15万円位です。

 

このギターを25万円で出しても

売れないです。

 

しかし、

このギターに何かしらの

特徴があれば、販売は可能です。

 

たとえば、有名なミュージシャンが

使っていたギターだった。

 

有名なミュージシャンの遺品だ。

 

材質が通常のD-18とは異なり、

特別なマホガニー材を用いている。

 

これらのような、「特徴」

備えていると、

ギターは売れます。

 

よく考えてみると、

同じ商品でも、

価値が異なる場合があります。

 

こんな場合には、価格は

あってないようなものになります。

 

複数の人にとって、

非常に価値ある商品であれば、

価格はないのです。

 

こう考えると、どこにでもある、

ネットショップに展示されている

誰もが持っているのと同じ、

 

こんなギターは、

おおきく利益を載せては

いけないです。

 

売れないからです。

 

ギターを出品するときには、

よく考えて、

自分が購入する時のことを

考えて、

価格設定をしてくださいね。

 

 

今日のトピックの無料音声特典は

ココカラです。

↓↓↓↓

http://akinak.net/NAGOMU/tokutenonsei/20160724_kakakusettei.MP3

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です