黙っていても売れる商品とは?

今日は、

 

ギター転売で、

黙っていても売れる商品とは?

 

について、お伝えします。

 

何度か、ギター転売で

ギターを販売するためには、

 

顧客との信頼関係の構築が

必要だとお伝えしてきました。

 

これは、間違っておらず、

 

高額なギターを販売する際には、

必須の出来事になります。

 

では、黙っていても、

売れていく商品があるとするならば、

それはどんな商品でしょうか?

 

1つには、価格の安い、

だれでも気軽に購入できる商品です。

 

いわゆる、「小物・消耗品」は、

黙っていても、どんどん売れていきます

 

ピックや弦は、

消耗品ですから、

どんどん売れていきますね。

 

弦も、様々なブランド、太さ・堅さを

取りそろえていくと、

どのブランドの、どの種類が売れるか

わかってきます。

 

これは、結構おもしろいですね。

 

通常、ライトゲージが売れると

考えていたのですが、

 

必ずしも、そうではないですね。

 

ブランドだと、

「ダダリオ」

「エリクサー」

 

あたりの弦はよく出ますね。

 

これらを、安価に仕入れるための

やり方がありますよ。

 

小物でも、消耗品以外は

あまり売れないと考えて良さそうです。

 

たとえば、ワインダーやクロスなど、

ほとんど興味を示されないですね。

 

売れることは、売れるのですが、

ギター本体と比べると、

注目度は低いですね。

 

あと、以外と売れるのが、

「ケース」

です。

 

ハードケースやギグバッグは

質の高いものが好まれます。

 

ただ、このケース、

重量が結構重いので、

輸出ですと、送料が高い。

 

これは、カスタマーにとっては

大きな負担になりますね。

 

こんなわけで、

黙っていても売れる商品は

価格の安価な商品です。

 

この手の商品は、

稼ぐために販売しているのではなく、

セラーとしての評価を稼ぐために

販売しています。

 

とくに、Amazon輸出や

eBay輸出を始めたばかりの方は、

セラーの評価は重要です。

 

始めたばかりの時期は、

eBay輸出なら、リミットアップを

毎月、定期的に行わないと、

 

なかなかギター転売まで

行き着けないですね。

 

頑張って下さいね。

 

 

今日のトピックの無料音声特典は

ココカラです。

↓↓↓↓

http://akinak.net/NAGOMU/tokutenonsei/20160725_dondonureru.MP3

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください