eBay輸出で気をつけたい点

今日は、

 

eBay輸出で気をつけたい点

 

について、お伝えします。

 

——————————————-

ウェブセミナーの録画を

期間限定で配信しています。

 

登録フォーム

(ご登録後視聴が可能となります)

https://canyon-ex.jp/fx20941/IlKVkq

 

録画視聴画面

http://akinak.net/20160802

 

8月6日(土)23:59までです。

 

——————————————–

 

eBay輸出でギターをはじめ、

複数のアカウントで、

多くの商品を販売しています。

 

国内転売と比較して、

輸出では気をつけないと

いけないことがたくさんあります。

 

商品が壊れていた。

商品が無くなった。

詐欺にあった。

 

多くのリスクがあります。

 

そのリスクを乗り越えて、

販売を続けていくと、

稼げるのですが、

 

なかなかリスクを取れない方も

おられますね。

 

これは、本人の認識次第ですが、

リスクをとらないと

稼げないのも事実です。

 

 

商品が壊れていた、

これは、時々ある事実です。

 

ギター転売の場合、

私が過去に販売したギターで

商品が壊れていたということは

一度もありませんでした。

 

非常にラッキーですね。

 

私の知り合いや、スクール生では、

「ギターの木部が割れていた。」

という報告を、何度か聞きました。

 

これは、輸送中の振動のせいなのか、

扱いが悪かったのか、

飛行機での

気圧差によるものなのかは、

わかりませんが

 

割れていたことは、確かです。

 

商品が無くなった、

これも私は一度も無いですが、

 

仲間のセラーはギターがなくなった

経験をしている方も何人か

おられるようです。

 

これに関しては、EMS発送時に

保険加入でリスクはなくなります。

 

保険は金額が安価ですから、

必ず入っておくべきですね。

 

この時に注意したいのが、

関税対策で、商品ラベルに

安価なギターの金額を

記載することです。

 

そうすると、

当然ですが、

 

記載した金額以上は

保険がおりませんから

どうしようもないです。

 

発送時に渡されたラベルを

キチンと保管して

おくことも大切です。

 

最後に、詐欺ですが、

これも時々あります。

 

ギターやお金を取られないように

キチンと対策しておくことです。

 

詐欺は後になってからわかることが

大半ですので、

 

後の祭り

にならないように気をつけてください。

 

注意すべき点は、

 

PayPalの住所、eBayに登録された住所

以外には絶対に発送してはいけない。

 

これがよくある、注意点です。

 

先方がメール連絡で、

発送先を別の住所に指定してくることが

時々あります。

 

先方の依頼に従って、ココに送ったら、

発送後1か月位して、

商品が到着していないので、

セラーへの振り込み金は

自動的に

キャンセルされてしまいます。

 

PayPalはカスタマーにやさしく、

セラーには厳しい。

 

ほとんどの場合、

セラーは負けます。

 

セラーが

カスタマーの指示通りにしても

相手が確実に詐欺だとわかっていても、

全くおかまいなし。

 

どんなに説明しても、電話しても

お金は戻ってこないです。

 

ギターもない、お金もふりこまれない。

 

この状態になります。

 

これだけは避けたいですね。

 

とくに、ギター転売の場合は、

高額商品を扱っているわけですから

大きな損害になります。

 

この手のPayPalのトラブルは、

何度も聞いており、

最も注意すべき点だと

思います。

 

 

今日のトピックの無料音声特典は

ココカラです。

↓↓↓↓

http://akinak.net/NAGOMU/tokutenonsei/20160805_paypal.MP3

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です