vintageギターはどこで判断する?

いわゆるvintageギターはどこをみてvintageギターであると言い切るのでしょうか。

私は、話を聞いた人でギター転売をやろうと思っているかたによくこれを質問されます。

どうやったら、中古ギターとvintageギターの区別ができるようになりますか?

この答えは、「できるだけたくさんのギターを弾いて下さい。」です。

ギター転売で重要なことの1つに、この「区別」ができることが上げられます。

難しいように思いますが、たくさんのギターを弾いていると、すぐにわかります。

数を弾くことが、大切なのです。

非常に不思議なのですが、ギターは生き物みたいに、1本ごとに性格が異なっています。

たとえば、同じ年、同じ場所、同じ製作者から作られたギターが、全く違うギターであることは、よくあることです。

木の状態や作製後のギターの保存状態など、様々な要因によって中古ギターとvintageギターが分けられます。

よく、「よく弾かれているから、このギターは良く鳴っている。」と言われます。

これは、間違っていない面もあります。

確かによく弾きこまれているギターは、鳴っています。

私は、個人的な意見で申し訳ないですが、すべてがそうだとは思っていないです。

鳴っているギターのうちは最初から鳴っているギターもあります。

この手のギターは、中古品として流通しているので、とても安価な価格で手に入ります。

これはチャンスです。

この手のギターを見つけたら、絶対にゲットです。

まれにあります。

ヤフオクなんかで落札したギターがこれだと、超嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です