テスト販売のやりかた

今日は、

 

テスト販売のやりかた

 

について、お伝えします。

 

リサーチして、見つけた商品が

売れるかどうかを確かめる

1つの方法が、

 

テスト販売です。

 

このテスト販売を

いかにたくさんやるかで、

その後のギターの売れ行きが

大きく変わってきます。

 

つまりは、どれだけ

実践したかです。

 

非常に大切です。

 

このやり方ですが、

私の場合、どうやっているか

というと・・・

 

「自分が欲しいギターを

テスト販売してみる。」

 

という、方法もとっています。

 

過去に売れたギター

売れ筋だと考えられる

シグニチャーモデルなど、

 

売れそうなギターも

テスト販売して確かめていますが、

 

これ以外にも、

 

自分の好みのギターも

テスト販売しています。

 

これにあたりがあれば、

その後の展開がかなり楽です。

 

ひとつ売れ筋のギターが見つかると

次には、

 

そのギターと類似の位置付けの

ギターを探すことです。

 

たとえば、1960年くらいのギターの

復刻版に人気があったとすると、

 

同様のvintageギターの復刻版を

探してみるのです。

 

こんな感じで、テスト販売を

続けてみます。

 

やっているうちに、

必ず何種類かの売れるギターが

見つかります。

 

それがわかったら、そのギターを

軸にして

 

次の展開に移ります。

 

こんな感じで進めています。

 

それほど難しくはないのですが、

ギターのことが

ある程度わかっていた方が

楽ですね。

 

うまく進めてくださいね。

 

 

今日のトピックの無料音声特典は

ココカラです。

↓↓↓↓

http://akinak.net/NAGOMU/tokutenonsei/20160820_testhanbai.MP3

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください