改造したギターは売れるのか?

今日は、

 

ギター転売では、

改造したギターは売れるのか?

 

について、お伝えします。

 

ギター転売をやっていますと、

色々なギターに巡り会います。

 

その中でも、

 

「改造=付属品の取り付け」

 

を行っている場合の仕入れは、

どこまで

許されるのでしょうか?

 

改造、といっても

大がかりではありません。

 

簡単なものでは、

 

「ピックガードの貼り替え」

 

があります。

 

このほかにも、

よく見られるものとしては、

 

ペグの交換

ピックアップの取り付け

ストラップピンの取り付け

 

などがあります。

 

ギター自体の性格が

変わってしまうような、

 

大がかりな材質(木)の変更など

については、

別の機会にお伝えしますね。

 

これらの付属品を取り付けた

ギターの仕入れですが、

 

私が感じている

考え方(基準)があります。

 

1つには、ギターの種類により

機種により考え方が

異なるという点です。

 

たとえば、プレイヤーが好んで

購入する

 

マーティンのD-18や

マーティンD-28については、

 

上記の様な付属品の取り付けや、

交換はそれほど大きな問題には

ならないことがほとんどです。

 

むしろ、ステージなどで

有効に活用できる、

「ピックアップの取り付け」

 

などは、喜ばれるくらいだと

感じています。

 

このようなプレイヤーが使うギターは

多少の改造がされていても

購買には大きな影響はないと

考えています。

 

一方で、マーティンD-45や

 

デザインが通常と異なる

ギブソンのダブやハミングバード

といったギターでは

状況がことなります。

 

マーティンD-45のような、

最高峰のギターの場合、

 

多くのカスタマーは

 

「オリジナルであること」

 

を好みます。

 

考えてみると、定価で140万円もする

ギターを購入したら、

これは、一生ものの、「宝」です。

 

私のように

常時D-45を販売している方は

別ですが、

 

たいていは、大切に、大切にして、

保管しています。

 

ですから、改造や、交換は

出来るだけ避けたいと思っている

方が多いように感じます。

 

とくに、見た目が変更されている

D-45は仕入れない方がよいと

感じています。

 

ピックガード位ならぎりぎり大丈夫だと

感じていますが、

 

ペグの交換やピックアップがついている

ギターであれば、

 

わたしなら仕入れません。

 

売れる可能生もありますが、

オリジナルにはおとりますからね。

 

こんな風に考えています。

 

もちろん、これは、個人の主観

ですから、

 

人により考え方が異なる

かもしれないです。

 

あくまでも、私がギターを

販売していて感じた内容を

お伝えしています。

 

 

本日のトピックの無料音声特典は

ココカラです。

↓↓↓↓

http://akinak.net/NAGOMU/tokutenonsei/20160825_kaizou.MP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です