好きなピックガードは?

マーティンやギブソンといった、海外のメーカーのみならず、スチール弦のアコースティックギターの多くに、ピックガードが貼り付けられています。

ご存知のように、これはピックによる、木部への損傷を防ぐための物である訳ですが、色々な形、色がありますね。

一番、オーソドックスなのは、黒色の雨だれも、そうそう、よく見る黒色のピックガードです。

ほとんどのギターがこれですよね。

ギブソンのギターは、ピックガードの形が、本当に豊富です。

色も形も様々で、ピックガードの形で、そのギターの名前がわかりますね。

また、ピックガードの形をメーカーによってそろえているメーカーもあります。

たとえば、ギルド、ギャラガーもそうですね。

ピックガードの形が特徴的ですので、ギターを見ると、すぐにどのブランドのギターかわかりますね。

ピックガードの形や色を見るだけで、とっても楽しいです。

古いギターでは、ピックガードは鼈甲が使われていたようです。

今では、考えられないですね。

私も、ギターを始めた頃、ピックガードでは無いのですが、鼈甲製のピックを購入して、今でも使っています。

当時、とても高額でした。

普通のセルロイドやアセテートのピックの5~10倍位の値段だったように記憶しています。

今では、信じられないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です